17日、韓国・国民日報によると、国連を専門的に取材してきた外信記者が、潘基文前国連事務総長と家族の不正疑惑を提起すると共に、「国連の格を下げた」と酷評した。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は国連本部。

写真拡大

2017年1月17日、韓国・国民日報によると、国連を専門的に取材してきた外信記者が、潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長と家族の不正疑惑を提起すると共に、「国連の格を下げた」と酷評した。

アナン元国連事務総長時代から国連に出入りしていた独立系メディア「InnerCityPress.com」のマシュー・リー(Matthew Russell Lee)記者は、韓国・TBS FMのニュース番組「キム・オジュンのニュース工場」で、「潘基文前事務総長が娘婿など親族を登用し、国連の不正腐敗を黙認した」とし、「潘基文前事務総長が国連の格を下げ、信頼を落とし、その結果、国連はかろうじて命を繋いでいる状態」と酷評した。

マシュー記者によると、潘基文前事務総長の甥であるパン・ジュヒョン氏(賄賂罪で起訴)が、慶尚南道の企業がベトナムに持つ建物をカタール政府系ファンドに売却しようとしていた時期と重なる2013年9月24日、潘基文前事務総長は自身の国連事務所でカタール国王と面会していた。マシュー記者は「この一件が起きる前にも潘基文前事務総長はカタール政府が支援した専用機を乗り回していた」と述べた。

また、マシュー記者が話をした国連外交官らは「国連が10年の間に大きく毀損された」と述べている。さらに、「国連内部のおおよその捉え方は、潘基文前事務総長が親族登用と腐敗だけでなく、無能であり、国連の格を落としてしまった」とし、「過去10年間で、潘基文前事務総長が解決した国際紛争は一件もないと思うが、正直とてもひどいとしか言いようがない」と非難した。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「そのうち米国の有力メディアも潘基文が歴代事務総長の中で最も無能な一人に挙げるんじゃないか」

「全世界に韓国人の公職者がどんなものかを知らしめた。情けない」
「大韓民国の格も下げた」

「腐敗と無能か〜、朴槿恵(パク・クネ大統領)を超えてるな」
「権力に目がくらんだ男の末路」

「こんなに酷評されているのに、自分は10年間国連でしっかりと仕事をしたと言っている」
「世界の大多数からバカにされているのに、韓国メディアだけが口を閉ざしている」

「こんな人間が大統領選に出馬するとは…」
「潘基文は絶対に大統領になってはならない」
「ある意味、大韓民国にぴったりの人ともいえる」(翻訳・編集/三田)