中田敦彦が宮沢賢治の代表作「銀河鉄道の夜」を解説!/(C)テレビ朝日

写真拡大

1月23日(月)夜7時から放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」(テレビ朝日系)で、オリエンタルラジオ・中田敦彦が宮沢賢治の名作「銀河鉄道の夜」を解説する。

【写真を見る】今回は“今だから読み返したい本シリーズ”の第2弾!/(C)テレビ朝日

これまで番組で、世界の偉人たちのしくじりをひもとく「しくじり偉人伝」や、スペシャル番組「中田歴史塾」('16年9月11日)などで授業を行い、そのトークスキルと分かりやすい解説で話題をさらった中田。

さらに、'16年11月には“国語”の授業に初挑戦し、“今だから読み返したい本シリーズ”と題して、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名作「星の王子さま」を解説した。

今回は、“今だから読み返したい本シリーズ”の第2弾の授業を展開。宮沢賢治の代表作「銀河鉄道の夜」を取り上げる。

中田によると「銀河鉄道の夜」は、物語を理解するのが難しく、途中で挫折してしまう人が多い作品とのこと。そんな難解な物語を、中田は「200%理解できる」よう徹底解説。この作品から学ぶべき、人生の教訓なども紹介する。

ほか、同日の放送にはドン小西とマルシアも先生として登場。ドン小西は“自分が絶対正しい!という考えで15億円の借金抱えちゃった先生”として、マルシアは“すぐにキレちゃって仕事がなくなっちゃった先生”として授業を行う。