住田萌乃は松坂桃李らとの1年ぶりの再会に笑顔/(C)NTV

写真拡大

1月22日(日)よりドラマ「視覚探偵 日暮旅人」(毎週日曜夜10:30-11:25日本テレビ系※初回は夜10:00-11:25)がスタート。'15年11月にスペシャルドラマとして放送されたヒューマンサスペンスドラマで、視覚以外の感覚を失った青年・旅人(松坂桃李)が、研ぎ澄まされた視覚を駆使して探し物探偵を営む姿を描く。

【写真を見る】住田萌乃は灯衣役を「自分と似ているので演じやすいです」と語る/(C)NTV

主演はスペシャルドラマから引き続き松坂が務め、多部未華子、濱田岳、北大路欣也など実力派キャストも前作同様に名を連ねている。今回、旅人の娘役・灯衣を演じる住田萌乃にインタビューを敢行。撮影の様子や共演者の印象などを語ってもらった。

住田は旅人と雪路(濱田)に預けられ、探し物探偵事務所で一緒に暮らす保育園児を演じ、大人にも物おじせず、ズケズケ言う性格が持ち味のキャラクターで、かわいらしい住田の容姿とは対照的な役柄をこなす。さらに、制作スタッフが「灯衣ちゃんがいるだけで現場が明るくなる」と証言するほど、ムードメーカーとして愛される存在。

そんな住田に連続ドラマ化について尋ねてみると、「すごくうれしかったです! また灯衣ちゃんを演じられることも、松坂さんたちに会えることも本当にうれしくて、早く撮影が始まらないかなぁと思っていました。前回のスペシャルドラマが放送された時は、友達にも『見たよー』と言われたので、今回もみんなに見てほしいです!」と元気いっぱいに明かした。

松坂、濱田らと約1年ぶりに再会し、「松坂さんたちには『大きくなったねー』と言ってもらいました(笑)。撮影の合間の時間には(松坂らと)しりとりゲームなどをしています。きょうもやっていたんですが、松坂さんが最後に『す』の文字を使うものばかり言って、濱田さんを困らせてました。でも最後は私が負けちゃって(笑)。パパたちは強いです」と笑顔で語る。

さらに、連続ドラマ化に当たり新たに登場するキャラクター・亀吉役の上田竜也とも「先日はアイドルの決めポーズを教えてもらいました!」と、なじんでいる様子。

そして撮影に関する話になると「撮影現場で一番楽しみにしているのはお芝居です。灯衣ちゃんは自分とちょっと似ているので、演じるのがすごく楽しい。せりふは一度台本を読んで、お話を理解してお母さんに相手をしてもらいながら、何回も何回も声に出して覚えています。あと、灯衣ちゃんの服はすごいかわいくて、毎日どの服を着るのかとっても楽しみです」と目を輝かせる。

そんな住田も「お休みの日は、映画をよく見に行きます。それと体を動かすことが好きなので、公園に行って走り回ったり、大好きなブランコで遊んでいます!」と子どもらしい一面も。

最後にドラマの見どころについては「堤(幸彦)監督の演出が本当にすごいので、楽しみにしてください! 多部さんと木南(晴夏)さんの面白いやりとりにも注目です」と、大人顔負けのコメントで締めた。