TBS系にて放送中の阿部サダヲ主演ドラマ「下剋上受験」で、深田恭子の主婦姿がかわいいと好評!

写真拡大

TBS系にて放送中の阿部サダヲ主演ドラマ「下剋上受験」(毎週金曜夜10:00-10:54)で、中学受験に挑む夫と娘を見守る母親役の深田恭子がかわいいと注目を集めている。

【写真を見る】第2話では、中学受験に向けて勉強を開始! 信一は佳織と計算テスト対決に挑む!?/(C)TBS

原作は、'14年に産經新聞出版から刊行された桜井信一の同名タイトル作品。中卒の父と偏差値41の娘が最難関中学を目指した実話を基に、小学5年生の夏から中学受験に挑むまでの約1年半にわたる家族の奮闘を描く。

エプロン姿や主婦っぷりがかわいいと評判の母親役を演じる深田は先日行われた会見で「最初に小学5年生の子供のお母さんの役と聞いたときは自分の年齢をあらためて感じましたね…(笑)。これまでと違って、家事とか、何かしながらのお芝居になるので、生活感を意識しながら演じています」と明かす。

また、夫・信一役の阿部については「リハーサルから阿部さんが家族としての空気感を出してくださっていて、日常のシーンも面白くて目が離せないです(笑)」と語り、娘・佳織役の山田美紅羽については「すごくかわいくて、お芝居とか表情とかもっと見ていたいです! なので、もっと一緒にいたいなと思っています」と笑顔で語った。

さらに、1月13日に放送された第1話での印象に残っているシーンを「佳織や家族に受験への決意表明をするシーンがあるのですが、私はそこが台本の段階から心に響いていましたね。でも、出来上がった1話を見ると、その後の信一さんと佳織ちゃんのラストシーンに涙が止まりませんでした」と告白。

そして、作品については「私は中学受験をしたことがないのですが、受験は受験生だけでなく『家族で挑むもの』なんだと思いました。塾に行くのではなく、こんなやり方があるんだと発見の連続です。信一さんの言葉にはっとすることが多くて、普通ならドラマって『ああ良かった』とすっきりして終わることが多いと思うのですが、このドラマは見終わった後、いい意味でいろいろ考えさせられます」とアピールした。

1月20日(金)放送の第2話からは、信一と佳織の中学受験に向けての挑戦が本格始動! 信一の考えに疑問を抱きながらも頑張る二人を厳しくも優しく見守る“母親”深田の新たな一面に注目だ。

【第2話あらすじ】

信一(阿部)は佳織(山田)のために参考書やドリルをたくさん買い込むが香夏子(深田)にあきれられてしまう。香夏子にそのドリルをやるように言われ信一は問題を解こうとするが、散々な結果に終わり落胆。そこで、信一は後輩・楢崎(風間俊介)に中学受験について相談するが、塾に行った方がいいというアドバイスを信一はかたくなに拒絶しようとする。