バンダービルト大学のピーボディ図書館(より)


 次期駐日大使に指名されたウィリアム・ハガティ氏(57:以下ハガティ)とはいったいどういう人物なのか。

 日本のメディアで詳述している報道はあまり見かけない。次期大使に指名されたと報道されたのが1月4日で、事実関係と略歴が紹介されたに過ぎない。

 周辺を取材すると、人物像が少しずつ見えてきた。一言で述べると「オールラウンド・プレーヤー」。財界と政界を行ききしながら、金融、ヘルスケア、IT、消費材といった多業種に携わってきた人物だ。

 ビジネスマンと公務員の両方を経験しているため、実務的な大使になるとの見方もある。しかし多くのことを要領よくこなすあまり、日和見的な性向がうかがえもする。

南部テネシー州出身、ボスコン勤務

 まず経歴から眺めていきたい。

 南部テネシー州出身のハガティは同州のバンダービルト大学経済学部を卒業後、法律大学院に進学。同大学は全米でも難関大学の1つで、「南部のハーバード」とも言われている。

 卒業後、ボストン・コンサルティング・グループに入社し、コンサルタントとして世界5大陸を飛び歩いた。同社を辞める前の3年間、東京に勤務していた経験がある。そのため日本の主要メディアは「知日派」と書いた。

 だが30年ほど前のことであり、以後日本との関係や知識の深度は定かではない。それでも、ドナルド・トランプ次期大統領(以下トランプ)がハガティを指名した理由の1つは、3年間の滞日経験だったことは容易に想像がつく。

 人物評は、トランプの対局に位置するほどバランス感覚が良好との見方が大勢を占める。政界、財界の両方に広い人脈があり、統率力と事務能力に長けた人物との評価である。トランプのように将来は大統領を狙うという野心家ではない。

 むしろ4人の子供がいる家族を大切にし、地元テネシー州に活動の基盤を置きながら、地域のためにボランティアで汗を流す良心的な保守派男性という像が浮かび上がる。

 気になるのは日和見的な性向だ。完璧な人はいないが、ハガティの世渡りを見ていると「したたか」という言葉が出てくる。

 ボストン・コンサルティング・グループを辞した後、ジョージ・ブッシュ大統領(パパブッシュ)の政権に入る。全米競争力評議会という組織の首席エコノミストとして通商政策などで提言を行った。

 ブッシュ政権が1期で終わると今度はカリフォルニア州シリコンバレーに向かう。ベンチャー・キャピタル企業「トライデント・キャピタル」に入るためだ。

 同社の主業務は富裕層から資金を集めて新進のIT企業に投資することである。同社は1993年から2010年までに19億ドル(約2100億円)を集めるまでに成長している。

 公務員からベンチャーへの転身は、それまで培ってきた経験を生かしてというより、資金の流れがシリコンバレーに向かっている時流を読んでのことだろう。どこで効率的な金儲けができるかの答でもある。

財界と政界を行き来

 ここでの経験が1997年に起業する金融企業「ハガティ・ピーターソン&カンパニー」に生かされる。

 いわゆるプライベート・エクイティ・ファンドの会社で、IT企業を中心に投資する組織だ。ハガティの現在の資産は公開されていないが、億万長者であることは間違いない。

 ハガティの職歴の特徴は、財界と政界の行き来である。2011年にはテネシー州に戻り、ビル・ハスラム知事の政権に入って経済開発委員長を4年間務めた。

 4年間で州予算を20億ドル(約2300億円)削減し、職員数を47%もカットするほどスリム化させた。共和党らしい小さい政府の実現に大ナタを振るったのだ。だがまた4年後には、民間に戻って複数企業で役員に就いている。

 ハガティはトランプに駐日大使に指名される前、次のテネシー州知事選(2018年)に出馬すると言われていた。虎視眈々と次のステップを伺っていたのだ。だが駐日大使に正式に承認されれば、知事選出馬の可能性は低くなる。

 それではなぜトランプに指名されたのか。昨年の大統領選で、ハガティは最初、ジェブ・ブッシュ候補を支持していた。だが同候補が早々と選挙戦から辞退し、トランプに勝機があるとみるや、トランプに乗り換えるのである。実にしたたかだ。

 共和党代表候補が確実になった昨年7月、ハガティはトランプの政権移行チームに参加する。

 首都ワシントンでは、政権が代わるたびに政治任用(ポリティカル・アポインティ)で、4000人以上の要職者が交代する。「民族大移動」などと呼ばれもする。家族や関係者を含めると万単位の人たちが入れ替わるのだ。

 ハガティはトランプ政権のための人選の責任者に就く。それは自分もトランプ政権内に入る可能性が大きいことを意味してもいた。そして駐日大使である。通商代表部(USTR)代表候補との声もあった。

 ハガティは本来、ジェブ・ブッシュ候補のような穏健な通商政策を信奉していたはずだ。だがトランプ側についてからは保護主義へと傾いた。地元紙「ナッシュビル・ビジネス・ジャーナル」に語っている。

 「トランプの通商政策は誤解されています。競争相手は国内ではなく、メキシコや・・・米国は間違いなく他国から不当な扱いをうけているのです」

 「・・・」の部分に日本や中国が入ることはトランプの言説を思い起こせばすぐに理解できる。ハガティはトランプの代弁者として東京に着任することになる。

新しいタイプの駐日大使

 これまでの駐日大使の顔ぶれを眺めると、ある共通点があった。名誉職である。

 えばマイケル・マンスフィールド氏(上院院内総務)、ウォルター・モンデール氏(副大統領)、トーマス・フォーリー氏(連邦下院議長)、ハワード・ベーカー氏(上院院内総務)などは、政治家の最後の花道として大使職が与えられた印象がある。

 現在のキャロライン・ケネディ大使を含めて過去3人は、大統領の知己が大使に就いている。その点で、ハガティはどちらでもない。

 全米に名の通った政治家ではないし、トランプの友人でもない。ましてや日本の政財界に強いパイプがあるとも思えない。

 大使の役割というのは、ある意味で限定的である。基本的な対日政策は国務省や国防総省(ペンタゴン)、さらにはホワイトハウスが牛耳る。大使は日本との調整役に回ることが多い。

 そのためハガティがどういう人物であれ、ワシントンの意向や決定事項に従わざるを得ないのが実情だ。

 大物政治家でないだけに、日本は能動的に「ハガティを使って」トランプを動かすくらいの心づもりでいるべきだろう。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:堀田 佳男