「投信ブロガー」が選ぶベストファンドと、実際の売れ筋ファンドは、まったく別物。どうしてこういうことが起きるのだろうか

写真拡大

投信ブロガーが選ぶファンド
ベストテンが発表!

 投資信託についてブログに記事を書き、情報を発信する「投信ブロガー」が優秀ファンド(投資信託は「ファンド」と俗称される)を選ぶ、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」という表彰の発表会が、2017年の1月14日に東京・渋谷のシダックス・ホールで行われた。主宰は「rennyの備忘録」という投信ブログを管理するハンドルネームrennyさんだ。

 マネーリテラシーが高く、投資信託に詳しく、また投資信託を愛する人々はどのような投信に高い評価を下したのだろうか。

 早速、ベストテンと特別賞を見てみよう。

【投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016投票結果】

1位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
   (設定・運用、ニッセイアセットマネジメント)
2位 たわらノーロード先進国株式
   (アセットマネジメントOne)
3位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT)
   (ザ・バンガード・グループ・インク)
4位 iFree 8資産バランス
   (大和証券投資信託委託)
5位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
   (セゾン投信)
6位 ひふみ投信
   (レオス・キャピタルワークス)
7位 ひふみプラス
   (レオス・キャピタルワークス)
8位 世界株式インデックスファンド
   (三井住友トラスト・アセットマネジメント)
9位 <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
   (ニッセイアセットマネジメント)
10位 セゾン資産形成の達人ファンド
   (セゾン投信)
特別賞 ひふみシリーズ(ひふみ投信・ひふみプラス・ひふみ年金)
   (レオス・キャピタルワークス)

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)