日本人は「創造性」や「挑戦」を大切にしていない。特に日本の20代は世界一チャンレンジしないといった調査結果がまことしやかに引用されるが、本当だろうか

写真拡大

「創造性」や「挑戦」に
対する自負心が弱い日本人

 世界価値観調査は、世界数十ヵ国の大学・研究機関の研究グループが参加し、共通の調査票で各国国民の意識を調べている国際調査であり、国民性の比較に関する極めて貴重なデータを提供している。調査は、1981年から、また1990年からは5年ごとの周回で行われており、結果が公表されている最新の調査は2010〜2014年に実施された2010年期の調査である。

 世界価値観調査では、日常生活を導いている10個の基本価値を体系づけたシュワルツ(Schwartz)の価値理論にそった設問を設けている。そのうち、「創造性」と「挑戦」の価値について、それぞれを大切にしているかを聞いた2設問の回答結果を散布図にあらわした(図1参照)。

◆図1 「創造性」や「挑戦」を大切にしているという自負心が弱い日本人

 図を見れば、あなたは「創造性」や「挑戦」を大切にしているかと問われたときに、自信をもって「はい」と答える人間の割合は、日本人の場合、世界一少ないことが分かる。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)