時速300kmオーバーで走るセダン、それが「ベントレー・フライングスパーW12 S」だ。

 

ベントレーのセダンラインナップでは「ミュルザンヌ」よりも小振りな「フライングスパー」だが、その追加モデルとなる「W12 S」が、4ドアのベントレー車として初めて最高速320km/hの壁を突破。このハイパフォーマンスモデルの導入をベントレーモーターズ・ジャパンが決定した。

 

専用設定のスポーツサスを搭載

 

最高出力を625psから635psへ引き上げ、最大トルクも800Nmから820Nmに向上させた6.0リッターW型12気筒ツインターボエンジンにより、このフライングスパーW12 Sは最高速度325km/h、0-100km/h加速4.5秒を可能にしている。

 

そのハイパワーを支える専用のセッティングが施されたサスペンションや、スタビリティコントロールの設定なども、このフライングスパーきってのスポーツモデルにさらなる俊敏性を与えている。

 

エクステリアでは、LEDのヘッドライトとテールライトにブラックの縁取りが施されるほか、21インチホイールをはじめ、ボディの各部にグロスブラックのアクセントが加えられる。

 

その一方でインテリアの変更は少なく、ヘッドレストに「W12 S」の文字が刺繍されるほか、シートがスポーティな「S」モデル限定の新たな2トーンカラーで仕上げられる程度にとどまる。

 

そしてこの車はショーファードリブンカーとしての能力も高い。後席に備わる「タッチスクリーンリモート」は、ボタンひとつでウッドパネル製のリアコンソールからリモコンがせりあがり、空調やインフォテイメントシステムをリアシートから操作することが可能。移動中に仕事をこなすことも、リラックスすることもできるのだ。

 

フライングスパーW12 Sの日本導入は2017年春頃。価格は2665万円(税込)となっている。