クリッカーオブザイヤーも受賞した日本における昨年の新型車ナンバーワンといって間違いないスバル・インプレッサですが、私自身も含め。多くの人が2リッターモデルにしか乗っていないのが現状でした。

1

というのも、1.6リッターは昨年末からの生産で、年明けくらいからそろそろディーラーに並び始めたかな、という状況で、我々報道陣にも試乗車は用意されていなかったのです。

インプレッサを選ぶ上で、ある意味もっとも気になる、そのインプレッサの1.6リッターモデルに北海道で試乗するチャンスに恵まれました。

試乗コースは一般道、雪道、そして一区間ですが高速道路と、気になる部分では乗ることができました。

まず、当たり前ですが2リッターと同じグローバルプラットフォームを使用している乗り味には振動、騒音、乗り心地とも、ひとクラス上の感覚、いや、2リッターよりひとクラス下ですからふたクラス上の感覚を味わうことができます(ただし、試乗車はスタッドレスタイヤのブリヂストン・ブリザックを装着)。

基本性能の高さに加え、効果的な遮音が効いていることもあり、スバルブランドの中で末っ子と言える立場なのに最上級と肩を並べる上質さを1.6リッターも持ち合わせています。

では、一番差が出る動力性のについてはどうでしょう?

いわゆる街中、平らな場所ならば不平も不満も出ることはないでしょう。ふわりと踏めばじわりと動き出すリニアリティはもちろん、アクセルに応じたパワーもトルクも気持ち良く引き出すことができます。

ですが、ちょっとスピードが乗るようなバイパスの上り坂での発進や追い越し、高速道路での合流や巡航速度からの追い越しなどでは、「余裕でこなせる」わけではないのも事実。

例えば、そういうシーンでトラックを追い越せないとか、他の流れより遅れてどうしようもない、とかいったことはまったくありません。十分に踏み込めばリードできます。

けど、その度合いが「踏み込む」領域に入ってしまうんです。「軽く右足の角度をつければ」ではなく。まもなくと言われる、新東名高速の制限速度アップ後で、「流れをリードする」ならば2リッターをオススメします。

そういったことが連続すると、高速道路で長距離移動のときなど、追い越すべきか、後ろに追従するか、など気を遣うこととなり、それは結果的に疲労となりドライバーに蓄積します。何度も踏み込めば、2リッターより燃費を悪くすることもシチュエーションによっては考えられます。

とは言え、2リッターほど要らない、という人にとってはかなりの出来栄えのエンジンと思います。

気になる高速巡航時も日本の制限速度内ならエンジン音が気になることもないでしょう。理論上、同じ速度を保つにはCVTが変速比を選び、高めのエンジン回転となってしまいますので、その点でも不利になります。もちろん、追い越しで踏み込んだときには音は大きくなるのはやむを得ませんが、それでも不快な音ではなく、ストレスなく盛り上がるサウンドと言えます。軽やかで雑味の少ない音に感じました。ヘッドカバーなどが2リッターの樹脂ではなくアルミであるのもコストを抑えたと言いますが、騒音に対して大きなマイナスにはなっていません。

1.6リッターシリーズでもアイサイトVer.3や歩行者エアバッグを搭載しての税込200万円を切るスタート価格は非常に魅力的です。正直、超お買い得と言えるでしょう。が、高速での実用面、リセールバリュー、ローンや残価設定ローンなどでの月額の少差、などを考えれば、ほとんどの人に2リッターをオススメします。「近所などの普段使いだけで高速を乗ることは年に一回あるかないか」という使いかたなら1.6リッターも十分に満足させるクルマでしょう。けれど、インプレッサを選ぶアクティブなユーザーの多くは当てはまらない気がします。

いずれにしても、インプレッサの魅力はそのグローバルプラットフォームのポテンシャルの高さから滲み出ているものであり、安全装備は一律に標準装備されているゆえ、パワートレインは必要に応じて選べば間違いはない、というクルマ選びになることは間違いなさそうです。

(写真:前田 惠介/文:clicccar編集長 小林 和久)

【スバル・インプレッサ1.6L試乗】高速を走らないならベストな出来! シチュエーションを考えて選ぶべし(http://clicccar.com/2017/01/18/437851/)