16日、韓国メディアによると、少子化による学齢人口の減少が問題となっている韓国で、今年から再来年までは全国の小学校の新入生の数が一時的に急増する見通しだ。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はソウル。

写真拡大

2017年1月16日、韓国・アジア経済によると、少子化による学齢人口の減少が問題となっている韓国で、今年から再来年までは全国の小学校の新入生の数が一時的に急増する。その理由は「2010年の寅年」と「2012年の辰年」に生まれた子どもは良い運に恵まれるといううわさが流れ、当時「出産ブーム」が巻き起こったためだという。

鍾路学院ハヌル教育が統計庁と教育部の資料を分析した結果、2010年に生まれた寅年の出生児数は47万171人で、2009年(44万4849人)より2万5322人(5.7%)増加した。この子どもたちが初めて学校に通うことになる2017年の全国の小学校入学者数は約46万人となり、2016年の小学校入学者数(43万5220人)より約2万5000人(約5%以上)増加すると予想された。

このような傾向は2019年まで続くとみられている。2011年の卯年の出生児数は47万1265人、2012年の辰年の出生児数は48万4550人と、それぞれ前年度より0.23%、2.82%増加した。この子どもたちが小学校に入学する2019年の小学校1〜6年生の全生徒数は約277万2000人で、2014年の272万8509人以降最も多くなると予想された。しかし、2013年には出生児数が再び急減したため、2020年以降の小学校入学者数も急激に減る見込みだという。

一方、中学校と高校の全生徒数は2017年から2019年まで継続して減少するとみられている。

これについて、韓国のネットユーザーは「そんな迷信を信じる人がいるなんて!しっかりしてほしい」「迷信にすがりつかなければならないほど、韓国社会の未来が不安なの?」「生まれた年で人の運命が決まるのなら、クラスメートはみんな同じ運命。数分の差で生まれた双子もそれぞれ違う人生を歩むというのに…」「良い運命に恵まれるどころか、さまざまな試験の競争率が高くなり、就職競争はさらにし烈になるだろう」「思い通りに出産できるわけがない。分析能力のレベルが低過ぎる」「この調子では韓国が少子高齢化から抜け出すことは不可能」などのコメントを寄せた。(翻訳・編集/堂本)