日本の桜で頭皮ケア。香りに色にバスタイム華やぐ春限定ヘアケア

写真拡大 (全2枚)

厳しい寒さがつづくと、春が待ち遠しく感じるもの。こんな日だからでしょうか、在原業平の和歌「世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」を思い出します。開花が待ち遠しく、咲くと喜び、散ると悲しむ。人々の心をこのように揺さぶる桜には、きっと不思議な魅力があるのでしょう。
日本の美しい桜エキスを配合したヘアケア
この和歌、じつは桜と想い人をかけて詠んだという説もあります。モテる男性として有名な業平がこのような歌をつくるくらいに、意中の人は本物の桜のような美しい女性だったのかもしれません。もちろん男性だけでなく、清楚で可憐、ときに神聖で華やかさもある桜は女性のあこがれとも言えそう。
そんな日本の美しい桜エキスをつかったシャンプーとトリートメントが2017年2月15日(水)に発売されます。国産植物の恵みでつくった日本生まれのアロマコスメ「凛恋(rinRen)」より誕生する「桜」です。
凛恋 桜シャンプー、トリートメント(各500ml) / 各1,850円(税別)※セット価格は3,300円(税別)
春の光の中に咲き誇る桜の香り
ヘアケア成分として配合された桜エキスは4種類。サクラポリフェノールにより高い保湿力と頭皮の肌荒れを予防・改善し、より良い頭皮環境へ導くという「国産ソメイヨシノ葉エキス」。老化の原因である糖化を防ぐとされている「神奈川県産サトザクラ花エキス」。抽出したエキスが頭皮や頭髪を保護し、うるおいを与える効果が期待できるとされる「愛媛県産陽光桜花エキス」。そして頭皮を健やかに整え、柔らかく、美しい髪が育つ土壌づくりをするという「岩手県産八重桜花酵母エキス」です。そこに伊豆諸島産ツバキオイルや瀬戸内海産スサビ海苔エキスといったキューティクル補修成分も配合。そして香りは、春の光の中に咲き誇る桜をイメージした、甘やかで可憐な100%天然の香りなのだとか。
「精神の美」「優雅な女性」といった花言葉もある桜のエキスをふんだんにつかった「凛恋 桜」を使えば、心から髪の先まで美しく、優雅な女性へと近づけそうです。
[リンレン レメディアルライン]