4月からテレビ東京系にてスタートする「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」/(c)T・O/MT・T

写真拡大

“アイドル×戦士”をテーマにした女児向け特撮テレビドラマシリーズ「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」の製作記者発表会が、1月17日に都内で行われた。

【写真を見る】本人たちが歌う曲に合わせて、パフォーマンスを行った/(c)T・O/MT・T

テレビ東京系で4月から放送がスタートする今作は、監督・総監督共に三池崇史監督が担当。主役の3人は小学館発行の「ちゃお」「ぷっちぐみ」で募集しオーディションで選ばれたシンデレラガールだ。

撮影している中で一番楽しいことを聞かれると、「演技です。カノンの気持ちになりきって演じるのがすごく楽しいです。監督からもアドバイスをもらってます」(一ノ瀬カノン役・内田亜紗香)、「ダンスです。得意な分野なので、一番自分を見せられるかなと思います」(神咲マイ役・足立涼夏)、「私もダンスです。小さい頃からダンスをやっていて、あらためて踊ることが好きだなって思いました」(橘フウカ役・小田柚葉)と、それぞれ語った。

また、三池監督は「手応えは感じていて、今まで作ったことないものが生まれている。子どもたちの新しい才能と一緒に作っている。この先のストーリー、この子たちがどうなっていくのかを見てもらいたい」と今作をアピール。

最後に、主役の3人は「自分たちが頑張っている姿を見て、頑張ろうと思ってもらえる作品にしたい。憧れられるような存在になりたいです」と緊張しながらも、しっかりとした口調でまとめていた。