みまもりケータイ4(セイコーソリューションズ製)(ソフトバンクの発表資料より)

写真拡大

 ソフトバンクは17日、安心機能を備えた「みまもりケータイ4」を3月上旬以降に発売すると発表した。

 「みまもりケータイ」は、簡単な操作で未就学の子どもから高齢者まで幅広い世代が使える、軽量コンパクトな防犯ブザー付きケータイとして、2011年3月に発売された。2012年4月に「2」、2013年8月に「3」と当初は約1年ごとに代替わりしていたが、今回は約3年半ぶりの新機種登場となった。製造元は、これまで3作のZTEコーポレーションから、セイコーソリューションズへと変更になっている。

 「みまもりケータイ4」は、これまでの機種同様、いつでも所有者の位置を確認できるサービス「位置ナビ」や、車や電車に乗った場合など一定の速度以上で移動すると自動的にメールで知らせる「速度検知機能」などに対応。位置測位には、これまでのGPS衛星に加え、GLONASS衛星も活用しているため、衛星から電波がより受信しやすくなり、位置情報の測定効率が向上している。

 機能面の向上では、VoLTEによりクリアな音声通話が可能となり、登録できる音声通話の発信先も、前機種の最大3件から10件に増加。液晶画面を大型化させたほか、メールの表示には、吹き出しで内容が表示される対話式のインターフェースも採用し、やり取りを一覧で見ることを可能とした。メールは、定型文以外にも、画面に表示されるキーボードを本体下部に備えている方向キーとセンターキーを操作して自由文を入力でき、前機種同様、IPX5相当の防水とIP5X相当の防じんにも対応している。

 カラーはライトブルー、ホワイト、ライトピンクの3色。