相模原MFトロ、ブラジルのゴイアスへ移籍…J3通算45試合出場

写真拡大

 SC相模原は17日、ブラジル人MFトロがゴイアスへ移籍することが決まったと発表した。

 トロは1986年生まれの30歳。フルミネンセやフラメンゴ、アトレチコ・ミネイロといった名門クラブを渡り歩き、ドゥンガ監督が率いるブラジル代表に名を連ねた経験も持つ。2014年8月に相模原へ加入し、2年半に渡って同クラブでプレーした。明治安田生命J3リーグで通算45試合出場3ゴールを記録している。

 移籍にあたり、トロは以下のようにコメントしている。

「この2年半の間、スポンサー、サポーター、スタッフそして選手の仲間たち、関わった皆さんに感謝しています。そしていつかまたスタジアムに行き、サポーターとしてか、またはプレーヤーとしてか、分からないですが、またスタジアムで皆さんにお会いできることを楽しみにしています」