1

J.S. BURGERS CAFEで2017年1月11日から「TOO MUCHEESE FAIR」という、チーズ好きにはたまらないチーズたっぷりのバーガー・サイドメニューがそろったフェアが始まりました。特に、毎週火曜日だけ食べられる「スーパーチーズバーガー」はバンズの代わりにカマンベールチーズを使って具材を挟み込んだまさに「スーパー」な一品だということで、食べにいってきました。

“TOO MUCHEESE FAIR”1/11〜START!! | J.S. BURGERS CAFE 公式ブログ

http://blog.baycrews.co.jp/js-burgers/?p=11364

J.S. BURGERS CAFEに到着。



スーパーチーズバーガーは「Tuesday(火曜日)」と「Cheese day」を引っかけて、火曜日のみの提供です。今回はスーパーチーズバーガーを含め、「TOO MUCHEESE FAIR」全6品を注文してみました。



注文してから10分ちょっとで「スーパーチーズバーガー」がやってきました。パティ100gのレギュラーサイズが税別1380円、パティ150gのラージサイズが税別1630円で、今回はラージサイズにしてみました。



チーズとパティの重みで傾いてしまっているバーガー。



パティはレギュラーサイズにすればよかったかも……。



なんとか半分にカットしてみました。二層のチーズの下にパティ、そして真ん中にバンズ。その下にはタマネギ、トレビス、一番下は再びカマンベールチーズ。



一番上のカマンベールチーズは焼きチーズ、下はそのままで、カマンベールチーズ自体も2つの風味が楽しめます。肉の味も強いのですが、チーズが完全に包み込んできます。これまでチーズバーガーと呼んできたものは一体何だったのかというぐらいのチーズっぷりです。



ちなみに、一緒についてくる液体はポテト用ではなく、カマンベールチーズと合わせるためのメープルシロップ。全体的に塩味が勝っているので、シロップをかけても意外とイケます。



バーガーの付け合わせのポテトとは別に注文した「サーモンマッケンチーズオンザポテト」(税別650円)。



マカロニにスモークサーモン入りのチーズホワイトソースをからめてフライドポテトの上にかけたもの。これはワインかビールのあてに注文するのがよさそう。バーガーと一緒だとフライドポテトが重なってしまいます。



もう1つのバーガー、「フィリーチーズステーキバーガー」(税別1380円)。



エメンタール、レッドチェダー、ホワイトチェダーの3種のチーズに、さらにクリスピーパルメザンをトッピングしています。



ビーフパティのほかにローストビーフも使われています。



こちらはチーズもさることながら、肉と酸味の強いマスタードとの相性が抜群です。



「ブロッコリーチェダーチーズ」(税別550円)はレッドチェダーを使用。



どろっと濃厚なので、これをスープ代わりにバーガーを食べ進めるとよけいに喉が渇きます。



デザートは「ベリーチーズアイスケーキ」(税別680円)と「マスカルポーネティラミスラテ」(税別580円)。ラテのカップはわりと大きめ。



ベリーチーズアイスにはマシュマロも入っていてかなり甘いのですが、底のチョコレートケーキ部分は甘みがかなり少なく苦みが濃いので、合わせて食べるとちょうどよいバランス。



ラテはマスカルポーネクリームをたっぷり使ってあって、ラテでありながら確かにティラミスのような味わいです。



どのメニューでも満足することはまず間違いないのですが、バーガーの値段はランチで食べるにはちょっと高いかも……。