いまさら聞けない。ワンナイトも性病も、セックスの悩みはアプリに聞く

写真拡大 (全4枚)

ビューティやヘルスケアなど、いろいろな分野でテックフレンドリーが進んでいるいま。

その波は、普段なかなか他人とシェアしにくいセックスにまで及んでいます。

なかでも気になるのが、スマホで気軽にチェックできるセックスアプリ。

今回は、いま海外で注目されているセックスアプリをピックアップしてみました。

いまさら聞けないセックスの基本が何でもわかる

「最近セックスとはご無沙汰。セックスの基本的なやりかたを、もう一度おさらいしたい」

「どうしたら彼をもっと気持ちよくさせてあげられるか知りたい」

など、セックスに関する悩みは人それぞれ。

そんな尽きることのないセックスへの疑問に答えてくれるアプリが、イギリスで開発された「My SEX Doctor」です。

なんと、イギリスの正式なヘルス協会が監修しているとのことで、その信用度は抜群。「セックスについて知っておくべき100のこと」など、空いた時間に気軽に読めるコラムも充実しています。

セックスやマスターベーションのやり方だけでなく、性病や妊娠についてもくわしく書かれているので、スマホに入れておけば、いつでもおさらいすることができます。

一夜限りの関係だって、安心して楽しみたい

20170117_sexapp02.jpg

それなりに歳を重ねたいま。バーやクラブで知り合った男性とそのまま一夜限りの関係へ...なんてことも、決して珍しくはありません。

とはいえ、よく知らない相手とその場のノリで身体の関係を持ってしまうのは、危険がともなうもの。

そんな状況を打破するべく開発された「YES to SEX」は、相手のセックス観を事前に知ることができるアプリです。

まずは、お互いのムード(ロマンチック、エロチック、ハラハラする、ゴメン興味なし、など)と、身体の状態(眠たい、酔い任せ、吐きそう、など)をピック。

その後、避妊のページに移動し、性病の防止も含めて、使用予定の避妊具を事前にふたりで確認します。

もしそれが意に沿わないような場合は、ボイスメールを使って「ゴメンナサイ」と相手に伝えればOK。

望まないセックスや、あとで後悔するようなセックスを防ぎ、女性の身体を守ってくれます。

ゲーム感覚で性感染症について学べる

20170117_sexapp03.jpg

「Sex Positive」は、ウイルス性肝炎やHIV感染など、性行為で移る病気性感染症(STI=Sexually Transmitted Infections)について学べるゲームアプリ。

「性感染症」とひと口に言っても、直接セックスから移るものもあれば、生殖器を触ったり口につけたりすることで移る病気もたくさんあります。

そこで「Sex Positive」は、ルーレット形式で触れ合う部位の組み合わせを確認し、起こりうる可能性のある感染症をチェックできる本格的なアプリです。

たとえば、彼の口が自分のヴァギナに触れたとき、どんな性病の危険性があるのかを教えてくれます。

今回紹介した3つのアプリは、すべて日本でも使用可能。

ゲーム感覚で性感染症について学べるものや、危険なセックスから身を守ってくれるものまで、テックフレンドリーなセックスアプリは、これからもどんどん増えていきそうです。

[Teen VOGUE, My SEX Doctor, YES to SEX, Sex Positive]

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

・生活は「朝の習慣」で変わる #sponsored

・脳が癒される動画みつけた #sponsored

・人間関係をしなやかにする。ちょうどいい人との「距離感」#sponsored