彼が夜眠れなくて困っている、そんなときはあなたの出番! 彼の安眠のためにヒト肌脱いでみようじゃありませんか! 筆者自身も長く不眠で悩んでいた時期がありまして、一時期は睡眠導入剤なんていうのも試したことがあるほど。
「ねむれない」という不安がメンタルを追い詰められていくあの感覚はどうしてもいただけません。実際に効果があった対策を集めてみました。

お風呂の入り方を意識してみる

日々何気なく入っているお風呂。彼はシャワーで済ませていませんか? 湯船につかると、体もほぐれてすぅっと眠りにいざなわれますよ。ここでポイントは温度と入る時間。じつはこれが安眠にかなり関係しているのです。
いろいろと種類があるのですが、今は季節が冬ですから、寝る2時間前に40℃のお風呂に10〜15分つかるというのがオススメです。お好みで入浴剤などをとりいれてみてください。

岩盤浴にいく

岩盤浴は、ダイエット効果が期待できると人気ですが、自律神経の調子を整えるという効果がありますので、不眠症の改善にももってこいなのです。最近では、カップルで岩盤浴を楽しめる温泉施設も増えてきました。今度のデートは岩盤浴で体の芯からあたたまってみては?

枕をかえてみる

いったん眠りについても、自分のいびきがひどくて起きてしまうという人もいます。また、呼吸がしづらくて眠りが浅くなる場合もあります。これは、枕をかえることで解消が期待できます。
あまり高すぎる枕は呼吸がつまるので、できるだけ平たいものにするのがオススメです。すぐに新しい枕が用意できなければ、タオルを重ねたものや、座布団で代用してみてください。かくいう筆者も「枕なんて寝られればなんでもいいじゃない」と思っていました。そんなとき、筆者の父親のいびきがひどく、ダメもとで枕をかえてみたのです。途端にいびきがおさまったのには驚きました。あなどれませんよ!

運動に連れ出す

運動不足だと眠れないということも。彼がデスクワークだったりすると、運動不足になるのもしかたのないことです。散歩に行ってみたり、思い切ってスポーツセンターで汗をかくというのもいいですね。心地よい疲れが眠りに誘ってくれるはずです。

足つぼマッサージをする

寝る前に、お互いにマッサージしあうというのもいい手です。スキンシップにもなりますので、リラックス効果も期待できます。

アロマテラピーをとり入れる

においが気にならない方であれば、アロマテラピーをお試しください。まずは、癖のないラベンダーでいいでしょう。このときは、必ずエッセンシャルオイルを使用してください。大体1,000円(10ml)ほどで販売しています。安価なオイルもありますが、香りがまったく違いますのでオススメできません。

ハーブティーを入れる

カモミールティーは安眠効果が期待できることで有名ですね。眠る前はカフェインレスのものを飲むようにしましょう。「好きだから」という理由でコーヒーを飲むのを容認してはいけません!

心地のいい音楽を探す

眠るときに無音でないと眠れないという人もいれば、テレビの雑音があった方が落ち着くという人もいます。その人の心地のいい音楽を探してみましょう。日替わりでインストゥルメンタルのものを試していき、どれがよかったのかしぼりだしていきます。手間はかかりますが、確実です。ギターメインの音楽、ピアノメイン、クラシック、オルゴール、ヒーリング系などいろいろありますね。歌謡曲を試してみてもいいでしょう。
いちばんよかった音楽をリストにします。眠るときにいつも流していれば、条件反射でねむりにつくようにもなりますよ。

いかがでしたでしょうか?

眠れないというのは、なかなか根が深いお話です。一朝一夕にはいきませんし、これが正解というのはありません。ようは、本人がよく眠れれば正解なのです。どうしたら彼がリラックスできるかということを考えて、その状態に近づけていく必要があります。彼自身が、眠れないことに対して漠然とした不安もあるでしょうし、イライラしてしまうこともあると思いますが、そこは大きな愛でサポートしてあげてくださいませ。少しでもお役に立てれば幸いです。