本命昇格はナシ? 男性が都合のいい女を切る5つのタイミング

写真拡大

男性は、自分に都合のいい女を自分の勝手な都合で一方的に切ることが多いです。
でも、都合のいい女状態になってしまっている女性からしたら、いきなり切られるのは精神的にダメージがありますよね。

今回は、男性が都合のいい女を切るときというのはどんなときか、その心理を紹介させていただきます。

●(1)本命の好きな人が出来た

『本当に良いな、好きだなって思える子が出来たら他の女性あとは切る。今後彼女と一緒にいる時とかに連絡きたりして面倒なことになっても嫌だ』(26歳/システムエンジニア)

男性が都合のいい女性を切るときの心理として最も多いのが、本命の好きな人が出来た、もしくは彼女が出来たというパターンです。

都合のいい女性はあくまでも、寂しさを紛らわす という意味でそばにいてもらっていることが多いため、それを満たしてくれる本命が出来れば、用はなくなってしまうのです。
本命の好きな人が出来て、その人に誠意を見せたい、遊び人や軽い人間だと思われたくないと思った男性は、相手の女性に気づかれる前に都合のいい女性との関係をいっきに断ち切ろうとする傾向にあります。

また、すでに彼女が出来た場合は、突然音信不通になり、着信拒否や連絡先のブロックなど極端な行動をとることが多い です。

●(2)都合のいい女が自分に本気になっていると気づいた

『お互いに誘いたい時に誘って……って感じで軽い関係が良かったの、段々と自分に好意を抱いてきてるなっていうのを感じるようになってから、申し訳ないけどその子との関係は少しづつ会う回数や連絡を減らしてって解消した。その子とは前みたいな軽い関係が居心地よかった』(28歳/出版社)

男性にとって都合のいい女とは、自分の気分で会ったり会わなかったり、いやだと思ったらすぐに離れることが出来る ということが一番の条件です。

そのため、相手の女性が自分に対して本気で恋してしまっている、束縛してくるようになったなどという場合には、自分にとって「都合のいい女」ではなくなってしまうわけですから、「この子とはもうだめだ」という判断を下すことになります。

女性の中でも、「都合のいい女だとはわかっているけどいつかは振り向いてくれると思った」などと、都合のいい女でありながら、本命ポジションを狙っている方も少なからずいますが、その可能性はほとんど0に等しく、そういった願望を見抜かれてしまっては、切られてしまうことになりかねません。

●(3)仕事が忙しくなった

『ある程度の年数になると、有難いことに任せられる仕事も増えて仕事にやりがいと充実感を感じるようになって、彼女でもない女性のことをかまっていられなくなった』(32歳/建築関係)

繁忙期などで仕事が忙しくなった時も、都合のいい女との連絡を取るのが面倒になり、切ってしまうことがあります。

女性に「都合のいい女」でいてもらうには、ある程度の「エサ」をあげなくてはなりません。
でも、男性はそこまで器用ではない人が多い ため、仕事が忙しく、疲れがたまってくるとそういった連絡が億劫になり、「また時間に余裕があるときに改めて連絡しよう」や「そういった女性を見つけよう」と考え、一旦関係を切ってしまうことがよくあります。

●(4)友人との付き合いや趣味が楽しくなった

『最近仕事でのスキルアップも含めて、資格をとろうと勉強し始めたら思いのほかハマってしまい、自分の予定が空いている時に呼び出していた女性に自分から連絡しりことはなくなったし、向こうからきてもほとんど会うことはなくなったかな。男は趣味とかできるとそれに没頭する癖が女性より強いと思う』(27歳/デザイナー)