1分間に43個ものココナッツを頭でかち割った男性(出典:https://www.youtube.com)

写真拡大

南国名物のヤシの実。パカッと割って透明な液体をストローで飲むココナッツジュースはとても美味しいが、なんともぶ厚い殻の硬さはカボチャどころではない。しかしパキスタンにはそれを頭でかち割る男が存在するという。

【この記事の動画を見る】

激しく頭を振り下ろしてヤシの実を割る…想像するだけで恐ろしくなるが、わずか1分の間になんと43個もそれを成功させたパキスタンの男性が、“ヤシの実割り世界一の石頭”としてこのほど『ギネス世界記録』に認定された。

男性はカラチに暮らすラシッド・ナジームさん(30)。黒帯もキリリと柔道着に身を包んだラシッドさんは、横にズラリと並べられたヤシの実を両手でつかんでは勇ましい掛け声とともにガツンと頭突き。硬そうな薄い緑色のヤシの実は次々と割れていった。

こちらはYouTubeに“Man Smashes 45 Coconuts With His Head In 60 Seconds”というタイトルで投稿したその動画である。缶入りドリンク砕きやクルミ割りなど“石頭”を競うイベントでことごとく優勝しているラシッドさん。「目標は50タイトル。自分への強い自信につながるからね」と語り、常に上を目指す。このたびのヤシの実割りのトレーニングも半年をかけた過酷なもので、「初めのころは頭痛に苦しめられた」とも話している。

出典:https://www.youtube.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)