ドナルド・トランプ氏がスピーチで両手を動かす様子にアコーディオンの映像と音を合成させ、トランプ氏のスピーチに合わせて軽快な音楽が奏でられるムービーがYouTubeで公開中です。「トランプ氏のスピーチを二度と前のように見られなくなる」として、1月13日に公開されてから17日までで51万回再生させるほどに話題を呼んでいます。

Life Accordion To Trump - YouTube

スピーチで建設業者について言及するトランプ氏。その手にはアコーディオンがあります。



せわしなくトランプ氏が両手を動かすと、スピーチにアコーディオンが「ファーファ、ファファファ」と優雅に音を奏でます。





ゆっくり話している時は「ファ〜〜〜〜」とアコーディオンも穏やかな音色なのですが……



スピーチに熱がこもってくると手を動かすスピードが速くなり、音色も加速。音が重なってスピーチが聞き取りづらいほどです。しかし、聞いているうちにアコーディオンの音色とスピーチの声が融合され、1つの作品のように思えなくもないです。



「We are going to build a wall(壁を建設する)」という発言では、音節に合わせる形でリズムよくアコーディオンが奏でられます。



「誰も知らない、私のアシスタントのローナでさえも」の「ローナ」に合わせて上下するアコーディオン。トランプ氏のテンションに合わせて静かになったりにぎやかになったりするアコーディオンの音色は、聞き続けるとクセになってきます。





コメント欄には「このムービーは最悪。もう二度とこれまでのようにトランプ氏のスピーチを見られない」「『壁を建設する』という言葉が完璧にアコーディオンとマッチしている」「アコーディオンに対する侮辱だ……!」といったコメントが並んでいました。