2017年のゴルフ界で注目を集める松山英樹(LEXUS)【写真:Getty Images】

写真拡大

米メディア特集、7選手の筆頭で登場「ナンバーワン・アジア人」

 2017年のゴルフ界で注目を集める選手の特集で、松山英樹(LEXUS)が筆頭に挙げられている。米CNN電子版が特集している。

 CNN電子版では「2017年のゴルフ:ナンバーワン・アジア人とタイガー・ウッズの復活」と題した特集記事を掲載。復活を期すタイガー・ウッズ(米国)やローリー・マキロイ(英国)、ジョーダン・スピース(米国)、ジェイソン・デイ(オーストラリア)らが登場する中、松山が一番手として取り上げられている。

 記事ではアジア勢の女子ゴルフ界での躍進に触れつつ、「男子選手では世界ランキングのトップに上り詰めた者はいない」と言及した上で「しかし、日本のヒデキ・マツヤマは1番になるための力強い挑戦を続けている」とレポート。世界ランク6位浮上やPGAツアー3勝目など、昨年から安定した強さを見せていることも紹介している。

 今回特集されている選手は7人。各国の名ゴルファーに勝るとも劣らない注目度を浴びる松山にとって2017年はさらに注目度が増す年となりそうだ。