『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』シーズン4

写真拡大

Netflixの人気ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』で囚人ビッグ・ブー役を演じているリー・デラリアが、長年の恋人で婚約していたチェルシー・フェアレスさんと破局したことを自身のInstagramにて発表した。米Popsugarが伝えている。

11日(水)、リーはマイケル・ジャクソンとエリザベス・テイラーと一緒に撮ったように合成した4ショット写真(オリジナルはライザ・ミネリとデヴィッド・ゲストの結婚式での写真)を投稿し、「この写真は私たちがデヴィッドとライザと同じ道を歩むような予言になってしまった、ただひとつを除いて。私たちは別れても友好的だから」と、ファンにチェルシーさんとの破局を報告。

しかし、先述通り円満な別れだったようで、「私たちのことは悲劇的なことや、有名人のよくある破局物語からは除外してほしいの。一緒にいた4年間がとても幸せだったし、これからもお互いの人生に関わっていくと思うの。実のところ、これからどんな風にお互いを攻撃し合うか、その方法を見つけるのが楽しみなのよ。これまで私たちのことを見守ってくれて支えてくれた素晴らしい友達や家族に感謝したいわ」とジョークを交え、今後もお互い関わり合っていくことには変わりないと語っている。

残念ながらチェルシーさんと婚約破棄となってしまったリーだが、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』での活躍は続く。今年にはNetflixでシーズン5が配信予定で、本作はシーズン7までの製作が決定している。(海外ドラマNAVI)