写真提供:マイナビニュース

写真拡大

メットライフ生命保険と西武ライオンズはこのほど、西武ライオンズが運営する「西武ドーム」のネーミングライツ(命名権)をメットライフ生命が5年間取得することについてこの度合意し、契約を締結した。

これにより、西武ドーム(球場名)は、2017年3月1日からメットライフ生命の名称("メットライフ")を冠し、「メットライフドーム」となる。契約期間は2017年3月1日〜2022年2月28日の5年間。

メットライフ生命は、このネーミングライツ取得に加え球場施設内外でのブランディングの権利を有する埼玉西武ライオンズのオフィシャルスポンサーに。契約内容には、球場正面と球場内バックスクリーン上の大型ビジョン(Lビジョン)上部での大型看板の設置、テレビ、ラジオ、印刷物、オンライン・メディアの利用などが含まれる。