アメリカ大統領選中にロシアがハッキングをしていたであろうことを認めたトランプ次期大統領の初の記者会見を、北京は大喜びしている。トランプ・プーチン蜜月を阻止し、習近平・プーチン蜜月に引き戻したいからだ。

記者会見で、ロシアの関与を認めたトランプ次期大統領

 1月11日、トランプ次期大統領が、当選後初めて記者会見を行なった。大統領選中に行われたサイバー攻撃に関して、トランプ氏自身が「ハッキングに関してはロシアだと思う」と、ロシアの関与を初めて認めた。

 ただし、「アメリカは他の国からもハッキングを受けている」としており、また「自分自身はロシアとはまったく無関係だ」といく度も強調している。

 アメリカ大統領選におけるロシアによるサイバー攻撃に関しては、昨年12月29日(日本時間30日)に、オバマ大統領が、ロシアの情報機関とその幹部を制裁対象とし、国内に駐在するロシアの当局者35人に国外退去を命じる報復措置を発表し実施していた。

 大統領選期間中、民主党候補のヒラリー・クリントン氏の陣営などがハッキングの被害に遭い、大量のメールが流出した件で、ロシアが関与していたという報告書がアメリカのCIAやFBIなどにより出されていたからだ。

 それ以外に実はBuzzFeed(バズ・フィード)というウェブサイトが、元イギリス情報局者と名乗る人物が作成したトランプ次期大統領とロシアをめぐる調査文書を全文公開していた。この情報は裏付けがなく証拠不十分であるとされているのに、アメリカの大手メディアの一つであるCNNは、記者会見前夜の1月10日に、「ロシアはトランプに関して不利な情報も握っている」という調査文書の概要を、オバマ大統領とトランプ次期大統領に渡したと報じた。

 これに関してトランプ次期大統領は、「そんなものは受け取っていない」「これはまるで政治的魔女狩りだ」と激怒し、記者会見でもフェイク・ニュース(偽のニュース)を流したとしてCNNの記者には質問をさせなかった。

 これら一連のことに関して中国大陸のメディアは大きく取り上げ、「記者会見ではロシアのハッキング問題が焦点となった」と、さまざまな角度から報道している。

中央テレビ局CCTVが特集番組

 中国共産党がコントロールする中央テレビ局CCTVは1月12日から盛んにトランプ次期大統領の記者会見に関して報道し続けていたが、中でも1月14日のお昼のニュースで特集した特別番組は「習近平の心」をのぞかせているという意味で興味深かった。

 中国ではロシアのサイバー攻撃問題とトランプ次期大統領の関係に関するニュースを、「美俄"黒客門"」と名付けている。「美」は「美国(アメリカ)」、「俄」は「俄国(ロシア)」、「黒客」は「ハッカー」を意味する。「門」は「ウォーターゲート事件」以来、「ゲート」を「門」に置き換えて、「大きなスキャンダル」であるような事件を指す。

遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)