写真提供:マイナビニュース

写真拡大

イケア・ジャパンは1月19日、全国で家具の下取り・還元サービスを開始する。

不要になったイケアの家具を引き取り、家具の状態に応じた金額をリターンカード(イケアのプリペイドカード)で還元するというもの。引き取られた家具は、メンテナンスを施した上でイケアのアウトレットで販売される。

イケアのウェブサイト上で査定申請フォームに記入し、対象家具の画像を添付すると、査定額、査定額の有効期限、お客さま番号、持ち込み方法、持ち込み時の注意事項などがメールで知らされる。組み立てられたままの家具をストアまで持ち込めば、リターンカードで還元される。

対象となる家具は、屋内で使用されたイケア製の家具。他社製品、ガラスが含まれる製品、屋外で使用された家具、ベビー用家具、ベッド、マットレス、3辺合計が4メートルを超える収納家具(大型の棚やキッチン収納、ワードローブなど)は対象外となる。

「IKEA FAMILY」メンバー限定特典として、4月2日の店舗での引き取り分まで下取り金額に10%が上乗せされる。

2016年2月1日〜12月24日、IKEA新三郷をパイロットストアとして実施していたもの。IKEA新三郷での実績では、下取りした家具のうち92%が再販されているという。このサービスは、サステナビリティの取り組みの一環。「イケアの家具は、適切な組み立てとメンテナンスで、長期間ご使用いただけます」と同社。