写真提供:マイナビニュース

写真拡大

メルセデス・ベンツ日本は16日、「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ、全国限定4台で注文受付を開始した。注文受付の締切は1月31日、納車開始は2017年第4四半期以降を予定している。

「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」は2015年のロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアを果たし、注目を集めたモデル。ラグジュアリー4シーターオープンモデルの「メルセデスAMG S 65 カブリオレ」をベースに、パフォーマンス・安全性・快適性はそのままに、専用デザインを施してクラシカルで美しいプロポーションの内外装に仕上げている。

エクステリアは随所にクロームを採用して威厳を持たせており、サイドビューはソフトトップを閉じた状態で美しいクーペスタイルとなる。低く構えるウィンドウフレームや、サイドウォールがリアに向けて下降するドロッピングライン、完全に格納されるサイドウインドウなどを特徴としている。

張りのあるソフトトップは3層構造を持ち、閉じるとカブリオレの高級感が強調されるとともに、クーペのような静粛性の高い室内空間を作り出す。ソフトトップの操作はセンターコンソールのスイッチを使って行い、走行中でも50km/h以下であれば約20秒で開閉可能。閉める際にはトランク内で自動的に展開するラゲッジカバーに格納され、荷物がソフトトップにより汚れることを防ぐ機構があるほか、車外からキーを使って開閉することもできる。

その他にも、片側47個のスワロフスキークリスタルを組み込んだ専用LEDハイパフォーマンスヘッドライト、丸みを持つ円柱状の30個のクリスタルをウインカー、17個のカットクリスタルを配置したポジショニングライト、「Maybach Manufaktur(マイバッハ・マヌファクトゥーア)」のエンブレム、専用の20インチ鍛造アルミホイールなどが採用されている。

インテリアには、2013年のフランクフルトモーターショーで発表されたコンセプトカー「コンセプトSクラスクーペ」のアイデアから、シートを飾る"フローイングライン"などを部分的に取り入れ、左右のシートサイドボルスターにダイヤモンドキルティングとブダペストスタイルのパイピングも施した。マイバッハのエンブレムや"MAYBACH"のレタリングなども随所に施し、専用のフロアマットも標準装備した。

パワートレインには、メルセデスAMGによる6.0リッターV型12気筒ツインターボエンジンを採用し、最高出力463kW/630PS、最大トルク1,000Nmを発揮する。「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」の価格は4,420万円(税込)。

(木下健児)