主人公モアナの声を演じる屋比久知奈(右)とオリジナル版声優のアウリー・クラバーリョ

写真拡大

 ウォルト・ディズニー・アニメーション最新作「モアナと伝説の海」の主人公モアナの声を、新人の屋比久知奈(やびく・ともな)が抜てきされたことが1月16日(現地時間)、米ハワイのアウラニ ディズニー・リゾート&スパで発表された。

 この日はオリジナル声優を務め、オアフ島在住のアウリー・クラバーリョが駆けつけ、日本の報道陣に屋比久を紹介した。クラバーリョは、「日本のモアナの声を務めた知奈を皆さんに紹介できると思うと、とても興奮します。とっても素晴らしくて、ゴージャスなんです」と話し、満面の笑みを浮かべた。

 モアナと同じ16歳のクラバーリョは、当初難航していた同役のオーディションを受けるよう、ハワイのキャスティングディレクターから勧められたことがきっかけで、大役を勝ち取った。琉球大学法文学部4年の屋比久も過酷なオーディション、厳しいアフレコ収録を経てこの日を迎えただけに、「まるでモアナに会っているような感覚になりますね」と語り、クラバーリョと熱いハグを交わした。

 出演が決まった当初は「本当に信じられなくて、朝起きて『夢なんじゃないか』と何度も確認した」という屋比久。クラバーリョが「私も島で生まれ育ったので、常にアドベンジャーを探し求めていた」と話すと、屋比久は「モアナが新しい道に一歩踏み出すことも、きっと多くの方に共感して頂けるのではないでしょうか」と言葉を引き継ぐひと幕もみられた。

 屋比久の歌声を「本当に素晴らしいの! 美しくてとても感動しました」と興奮気味に明かしたクラバーリョ。一方の屋比久は、「ハワイで会うことが出来て本当に嬉しい。すぐに友達になれるんじゃないかという思いもありますが、『モアナ』という作品を通して知り合うことができたので、家族みたいな関係ですね」と穏やかにほほ笑んだ。

 映画は、島の外に出ることを禁じられながらも、愛する人々を救うことを運命づけられた少女モアナの冒険を描く。海が大好きなモアナの使命は、命の女神テ・フィティの盗まれた心を取り戻し、世界を闇から守ること。神秘の大海原へ飛び出すと伝説の英雄マウイと出会い、眼前に立ちはだかる困難に悩み傷つきながらも、自らの進むべき道を見つけていく。3月10日から全国で公開。