写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECと国立国際医療研究センターは1月17日、5カ国語(日本語・英語・中国語・韓国語・スペイン語)に対応した再来受付システムを共同開発したと発表した。

今回、開発したシステムは国立国際医療研究センター病院において電子カルテや医事会計などから構成される病院情報システムを刷新するにあたり新たに開発したものであり、2017年1月から運用を開始している。

新システムは再診の外来患者が再来受付機に診察券を通すと、新患登録時に入力した母国語に応じた言語での音声案内および画面表示に自動で切り替わる。その後、患者が受診予定の診療科を選択・確定すると、言語に応じた行先案内票が再来受付機から出力される。

これにより、外国人患者に対するサービス品質の向上を実現するという。なお、病院情報システムと連動し、音声案内から画面表示、行先案内票まで総合的に多言語対応を実現した再来受付システムは全国初だという。

国立国際医療研究センターは、国が定める6つの「国立高度専門医療研究センター」の1つで、新興・再興感染症およびエイズなどの感染症、糖尿病・代謝性疾患、肝炎・免疫疾患ならびに国際保健医療協力を重点分野としている。主要な診療科を網羅した総合的な医療提供体制の下で、高度専門・総合医療の実践と疾病の克服を目指す研究開発を推進している。

2020年に向けて多国籍の外国人患者が受診しやすく、また医療の質と安全の面において国際水準を満たす病院を目指し、2015年にセンター病院に国際診療部を設置するとともに、JMIP(外国人患者受入れ医療機関認証制度)を都内の病院として初めて取得しており、現在はJCI(国際的医療機能評価)認証取得に向けた準備を進めている。新システムの開発はこうした取り組みの一環であり、今後も外国人患者の円滑な受入れに向けた対応を進めていく考えだ。

(岩井 健太)