オリジナル版ヒロイン声優のアウリイ・クラヴァーリョさんと、日本語吹き替え版のヒロイン役声優を務める屋比久知奈さん
 - (C) 2016 Disney. All Rights Reserved.

写真拡大

 ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』(3月10日公開)のヒロイン・モアナ役の日本語吹き替え版声優が発表され、沖縄県出身の現役大学生の屋比久知奈(やびくともな)さんに決定したことが明らかになった。屋比久さんにとって、本作がデビュー作となる。まさに無名の新人が、ディズニーヒロイン史上最大級の規模で実施されたというオーディションで見事ヒロイン役を射止めた。

 昨今のディズニーのヒロインといえば、『塔の上のラプンツェル』の中川翔子さん、『アナと雪の女王』アナ役の神田沙也加さんやエルサ役の松たか子さんといった芸能界でキャリアを積んだ女優や声優が務めることが通例化しつつあったが、その流れを断ち切るように現れた新星の屋比久さん。

 ディズニーの担当者は屋比久さんの起用理由について「“モアナ”はただヒロインというだけでなく、冒険を通して成長し、体現する演技力、16歳のフレッシュさ、さらに心情を伝えられる歌唱力も必要という非常に難しい役です。ディズニーヒロイン史上最高規模のオーディションとなったモアナ探しですが、日本のモアナと呼べる人こそ“屋比久知奈”さんでした」と説明している。

 屋比久さんは配役が決まった時のことを振り返り、「本当に夢みたいで信じられなかったです。朝起きて、夢なんじゃないかって何度も思いました」と喜びのコメント。屋比久さんの声や歌声はすでに公開されている日本版予告編や、主題歌「How Far I'll Go」24か国語バージョンなどで聞くことができる。

 またくしくもオリジナル版でヒロイン・モアナ役の声を担当した女優アウリイ・クラヴァーリョさんも、屋比久さんと同じく本作で“映画デビュー”を果たした人物。ハワイのアウラニ・ディズニー・リゾートで、屋比久さんと対面したアウリイさんは、「わたしたちの歌声は似ている」と話すと、「モアナの歌は心に響く歌ばかりですが、彼女の歌声からそういうパワーを感じることができました」と屋比久さんの歌声を絶賛していた。(編集部・井本早紀)

<屋比久知奈さんプロフィール>
昨年5月に帝国劇場で開催された全国拡大版ミュージカルワークショップ「集まれ!ミュージカルのど自慢」で最優秀賞を受賞し、芸能界へ。『モアナと伝説の海』のヒロイン・モアナ役の日本語吹き替えでデビューを果たす。現在大学4年生の22歳。