激戦を終え、お互いをたたえ合うジョーダン・スピース(左)とソン・ヨンハン(撮影:標英俊)

写真拡大

<SMBCシンガポールオープン 事前情報◇17日◇セントーサGC(7,398ヤード・パー71)>
シンガポールのセントーサGCにて2017年開幕戦、アジアンツアーとの共同主管で「SMBCシンガポールオープン」が1月19日(木)より4日間の日程で開幕する。
菊地絵理香もゾッコン!?ヨンハンの甘いマスクにメロメロ
昨年は当時世界ランク1位のジョーダン・スピース(米国)が参戦。悪天候により月曜日にまで及んだ熾烈なプレーオフの末、ソン・ヨンハン(韓国)に軍配が下ったが、その激戦に多くのファンが目を奪われた。開幕戦で初優勝を挙げた24歳は、勢いそのままに賞金ランキング4位に入るなど飛躍のシーズンを過ごした。
そして、今年も豪華メンバーがシンガポールに集結。米ツアー9勝を誇るセルヒオ・ガルシア(スペイン)、マスターズ覇者、世界ランク7位のアダム・スコット(オーストラリア)、そして、今年47歳の大ベテラン、メジャー4勝を挙げているアーニー・エルス(南アフリカ)がフィールドを彩る。
国内ツアーからは昨年覇者のヨンハン、先週に行われた米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」に出場した谷原秀人、小平智、岩田寛、片岡大育、宮里優作らのほか、ツアー通算16勝を誇る伊澤利光が約4年ぶりにツアー復帰を果たす。
果たして、勝利を掴み取るのは世界の強豪たちか、はたまた昨年のヨンハンのようにニューヒーローが誕生することになるのか。若手、ベテランが入り乱れ、常夏の国で熱戦が繰り広げられようとしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
石川遼が2017年の戦いをスタート!「米国本土」開幕戦に挑む
27位タイの松山英樹、次戦に向けて「やるべきことは明確」
石川遼も上田桃子も驚いた、キャロウェイの常識外のクラブ