写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、Yahoo!プロモーション広告の運用効率化支援制度「Preferred Partner Program」を開始したと発表した。

「Preferred Partner Program」は、Yahoo!プロモーション広告の広告管理ツールにおける、入稿、入札、レポートなどの各機能においてAPI提供を受けて開発されたツールを、広告主・広告会社が活用しやすくすることを支援する制度。

具体的には、Yahoo! JAPANが、APIを提供しているツール開発企業の中から、特に優れた機能やサービスを提供している企業をPreferred Partner(プリファード・パートナー)として認定し、広告主・広告会社の課題やニーズに合わせてツール開発企業とマッチングする。また、Yahoo! JAPANのテクニカルアドバイザーがツール導入のサポートを行う。

今回の制度を開始した理由としては、インターネット広告の運用がますます高度化、複雑化する中で、広告運用の効率化を可能にするさまざまなツールが数多く提供されている中で、広告主・広告会社が自社に最適なツールを選択し、活用するためには、ツール開発企業とツールを導入する広告主・広告会社とのマッチングが課題となっている点があるという。

Yahoo! JAPANでは、Preferred Partnerであるツール開発企業のツールを導入することで、プラットフォームやメディア、デバイス横断での広告配信とその一元管理、入札の最適化、広告効果の統合分析やレポーティングなどをよりシンプルに行え、その結果、工数削減、広告効果や収益の向上が期待できるとしている。