写真提供:マイナビニュース

写真拡大

楽天銀行は1月16日、ジェーシービー(以下JCB)と提携し、楽天銀行プリペイドカード(JCB)の発行を開始した。同カードは、日本の銀行業界初の国内外で利用可能なプリペイドカードとなる。

○楽天銀行口座からのオートチャージ機能を搭載

同カードは、バリューを繰り返しチャージし、残高の範囲内で利用できるプリペイドカード。発行対象は16歳以上の同行個人普通預金口座所有者で、利用可能な店舗は国内・海外のJCB加盟店(インターネット上でのオンラインショップを含む/一部利用できない加盟店・オンラインショップあり)となる。年会費、発行手数料は無料。

口座からチャージするたびに、金額に応じてプレミアムバリューを付与する。具体的には、1回のチャージ金額5,000円以上9,999円以下の場合は25円分、1万円以上2万9,999円以下の場合は70円分、3万円以上4万9,999円以下の場合は240円分、5万円以上の場合は500円分。

1,000円以上30万円まで1円単位でチャージが可能。前もって利用したい分だけをチャージしたり、1日の利用限度額を設定したりすることで、使い過ぎを防止する。さらに、あらかじめ設定した残高以下になると口座から自動でチャージできる「オートチャージ機能」も搭載する。なお、利用時に楽天スーパーポイントは付与されない。

(御木本千春)