写真提供:マイナビニュース

写真拡大

レノボ・ジャパンは17日、Windowsタブレット「Miix」シリーズの新モデルとして、12.2型ディスプレイ搭載の「Miix 510」を発表した。1月20日に発売し、直販価格は税別125,000円から。

解像度が1,920×1,200ドットの12.2型ディスプレイを搭載したタブレット。本体の背面に、同社の2in1 PC「Yoga」シリーズで採用するウォッチバンドヒンジを備えたキックスタンドを採用。タブレット本体のみでの自立やディスプレイ面の角度調節も可能となっている。付属のキーボードカバーと組み合わせることで、ノートPCのように利用できるほか、アクティブペンによるペン入力もサポートする。

プロセッサにSkylake世代のIntel Core iシリーズを搭載。また、DDDR4メモリやPCIe SSDの採用で、従来モデルと比較して高いパフォーマンスを備える。

直販モデルのエントリー仕様は、CPUがIntel Core i3-6100U、メモリが4GB、ストレージが256GB PCIe SSD、ディスプレイがタッチ対応の12.2型(1,920×1,200ドット)IPS液晶、OSがWindows 10 Home 64bit。

なお、上位モデルはCPUがIntel Core i5-6200U、メモリが8GBとなる。

通信機能がIEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth v4.1。インタフェースがUSB 3.0×(Type-A、Type-C)、マイク/ヘッドホンコンボジャックなど。前面カメラが200万画素、背面カメラが500万画素。バッテリ駆動時間は約5.1時間。

本体のサイズはW301×D203.1×H10.1mm、重量は約880g。キーボードカバー装着時は、W303.9×D205.1×H16.1mm/約1.26kg。本体カラーはシャンパンゴールドとプラチナシルバー。