<『ファインディング・ドリー』を抑えて首位の『ローグ・ワン』は、なぜ中国の若い世代にウケないのか>

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が、2016年の全米年間興行収入で『ファインディング・ドリー』を抜き、首位に躍り出た。

 米ボックス・オフィス・モジョによると、『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ作品である同作は、1月13〜15日の3日間でさらに1330万ドルを稼いだ。先月16日の公開以来、5週目にして国内興行収入は4億9880万ドルに達し、公開から1カ月で5億ドルを超える見込みだ。

【参考記事】キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」
【参考記事】「ハン・ソロとレイア姫」の不倫を女優本人が暴露

 昨年6月に公開されたディズニー/ピクサーのアニメ映画『ファインディング・ドリー』の興行収入4億8600万ドルを上回った。

 ディズニーにとっては朗報だ。2016年の年間トップ5のうち、4タイトルをディズニー系が独占した。

 3位はディズニーのマーベル・スタジオが製作した『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』。2016年年間で4億800万ドルだった。

 ディズニーのアニメ映画を実写化した『ジャングル・ブック』は3億6400万ドルを稼ぎ5位にランクイン。4位に食い込んだユニバーサル・スタジオのアニメ映画『ペット』が3億6800万ドルで、僅かに及ばなかった。

 世界興行収入では、10億1500万ドルを稼いだ『シビル・ウォー』が現時点で首位だ。ただし全米や世界で公開中の『ローグ・ワン』の興行収入はすでに9億8000万ドルに達しており、『シビル・ウォー』を追い抜く可能性がある。

北京プレミアまで開催したのに

 気になるのは、ディズニーとルーカスフィルムが製作し2015年12月に公開された前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に比べると、中国で『ローグ・ワン』が不振な点だ。中国で知名度のあるドニー・イェンとチアン・ウェンの2人の中国人俳優を起用したうえ、彼らの宣伝用にわざわざ北京プレミアまで開催したにしては、盛り上がりに欠けている。

 米誌バラエティによると、『ローグ・ワン』の公開から2週間の中国での興行収入は5270万ドル。『フォースの覚醒』は初の週末だけで5320万ドル、最終的に1億2400万ドルを稼いだ。

【参考記事】米英メディア、『フォースの覚醒』先行上映の映画評(ネタばれなし)

 あるアナリストがハリウッド情報サイト「TheWrap」に語ったところ、中国で『スター・ウォーズ』の興行成績が振るわない原因の1つは、1970〜80年代に公開されたオリジナル・トリロジー(旧3部作)が中国では上映されなかったから。ジョージ・ルーカス監督のSFサーガに馴染みがある映画ファンはそれほどいないわけだ。(ただし1999〜2005年に公開されたプリクエル・トリロジー[新3部作]は中国でも公開された)

【参考記事】3分でわかるスター・ウォーズ過去6作の物語

トゥファイエル・アーメド