RAIN側、キム・テヒとの結婚式の内容についてコメント

写真拡大

歌手RAIN(ピ、本名:チョン・ジフン) と女優キム・テヒが、質素な結婚式を挙げる予定だ。

RAINの所属事務所RAIN COMPANY側の関係者は本日(17日)、マイデイリーに「時局が時局なので、RAINとキム・テヒの二人は両家の家族だけ集まった席で静かに結婚式を挙げる予定だ」と話した。

また先立って拡散された、彼らが今年2月19日にある聖堂で結婚式を挙げるという噂に対しては、「事実でないことだと理解している。まずRAIN側から結婚式の日程や時間などに対して、伝えられた内容がない」と釈明した。

一方RAINはこの日、自身の公式ホームページとInstagram(写真共有SNS) に直筆の手紙を掲載して、キム・テヒとの結婚のニュースを知らせた。

手紙を通じてRAINは、「今僕もまた、一つの家庭の家長として、立派な夫であり、男になろうとします。彼女は僕が大変な時や幸せな時も変わらずに、いつも僕のそばを守って、いつも多くのことで感動をくれました」として「今では信頼が積み重なり、愛が大きくなって(結婚という) 実を結ぶことになりました」と明らかにした。

引き続き「結婚式と日時は、現在の時局が不安定で経済的に難しい時期なので、最大限に静かで敬けんに終えようと思います。そのために(詳細を) お教えできない点、ご理解お願いします」と付け加えた。

RAINとキム・テヒは2012年に広告撮影で知り合いになり、同年末に恋人に発展した。