「ホワイトカリー麺」「スパイシーえび麺」「赤トムヤム麺」の3種の味が1月17日(火)から販売される

写真拡大

食品の自社ブランド商品販売、卸売を行う株式会社アシストバルールは、世界インスタントラーメンランキングで第1位を獲得したインスタントラーメン「世界No.1社ラーメン」を輸入開始し、「ホワイトカリー麺」「スパイシーえび麺」「赤トムヤム麺」(全て参考価格250円)の3種の味を1月17日(火)から販売する。

【写真を見る】クリーミーな白いスープとスパイシーなカレーペーストがマッチした「ホワイトカリー麺」(イメージ)

グルメの宝庫マレーシア、ペナンで生まれ、どれも口に入れただけでアジア旅行に来た気分になれる本格派ラーメン。クリーミーな白いスープとスパイシーなカレーペーストがマッチした「ホワイトカリー麺」。えびの香りとコクに、濃厚なチリペーストとえびの出汁がたっぷり効いたスープが特徴の「スパイシーえび麺」。トムヤムクンには欠かせないレモングラス、ライム、唐辛子をフレッシュなままに使用し、食欲をそそるスパイスの香りと酸味のある辛さが麺と濃厚に絡み合う「赤トムヤム麺」。2015年と2016年のランキングでは、3種類全てが、2年連続でTop10入りした大人気の味だ。

「こんなインスタントラーメン、今までなかった!」「もはやインスタントラーメンのスープのレベルではない!」と舌をうならせる本場の味をそのまま再現し、辛い!でもただ辛いだけじゃない、一度食べるとその旨辛さがやみつきになる絶品の一品。旅行に行きたいけど時間がなくて行けない人に特におすすめ、口の中でアジアを感じよう。【ウォーカープラス編集部/米木】