『テラスハウス アロハステート』ハワイ編のエピソードシーズン2の2。

スタジオには、トレンディエンジェルの斉藤さんも参加。
斉藤さんはテラスハウスの大ファンで「半さんが卒業を告げるシーンが人生でマックス」と言うほど。


奈緒美卒業


奈緒美がテラスハウスを出て行く朝。
侑哉と奈緒美がハグ。
徳井さん「もしかしたら、ほんとは好きだったんだよってハグなのかもな」。
奈緒美が泣いているのを見ると、ほんとうにそうかもしれないと思えてくる。

一番かわいくないほうの


日本風居酒屋でエリックと侑哉。
新しい子がめっちゃ可愛かったらどうする?と聞くエリック。
侑哉が「気になんないと思う」と答えて、さらに。
「(エビアンが)3人の中だったら一番かわいくないほうの子じゃん」
と爆弾発言。
もちろん、そのあと「けど結構話していって性格知って、かわいく見えてきて」と言うための前フリなんだけど、
スタジオでブーイングの嵐。
「下に見てんなー」「最低」「そこがまだ子供だなー」「子供どうこうじゃなくて人として!」
山ちゃん喜んで、エビアンが出るたびに「一番かわいくないんだよなー」を連発。
YOUさんが「もう、やめなよー」と言っても、連発。

侑哉は、エビアンに、「アクティブなところに惹かれた。一緒に運動できる子が好きだから」と言っていた。
「It's YOU(それは君だよ)」と。

悠介、卒業


悠介が曲を披露。
「♪見上げたらそこには素敵な家がありました」
からはじまるテラスハウスのことを歌った歌。
「♪ありがとうが言いたくて 物語は続くよ」
歌い終わって、「そろそろ出ようかなって」。
エリックも「俺もポップアップストア開いたら卒業する」。

テラスハウスの番組的には、エリックって、なんも行動できてない感ある。
いや、もちろんカフェ作ったりとかしてるんだろうけど、それってテラスハウスにいなくてもできることだし。
「TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY」のときのアーマン級の存在感のなさのうえに、アーマンほど長く居座ってないので「おまえ、何もやってないなッ」とツッコむこともできぬ。

ローレンの一人暮らし


奈緒美が卒業して、悠介が卒業、そしてエリックも卒業する。
残るのは、
ローレン・サイ
エビアン・クー
澁澤侑哉
の3人だ。
一気にみんな出ていく。
しかも、エビアンと侑哉は付き合ってる感じで、もうすぐ卒業してもおかしくない。
そうなると、テラスハウスってローレンの一人暮らしになっちゃうよ!

新しい2人


って心配は無用。
新しい女子が登場である。
徳井さん「この髪のパサパサ感、サーファーなんちゃうん」
そして、男子はロスから。
「ハリウッドで役者として成功するのが夢」だと語り、

羽石杏奈、登場


山ちゃん曰く「中村アンを上からぎゅっと押したような」女子がやってくる。
羽石杏奈、22歳。日本出身の学生で、ハワイに3年。
エキゾチックな美少女だ。
どういう人がタイプですか?の質問に答えて。
「どういう人だろ? でもサーフィンするんで」
きたーー!
侑哉のタイプにもドンピシャである。
「It's YOU(それは君だよ)」の条件が、「アクティブなところに惹かれた。一緒に運動できる子が好きだから」だけであれば、杏奈もOKじゃないか!
杏奈を見る侑哉の表情が、表情出さないようにがんばってる感があって、「ニヤニヤしてる」と指摘されるほど。
エビアンも気になって、サーフィンの話題が出てきたときに視線がグイッと侑哉に向いてガッツリ瞬間的観察。
というわけで、次回、波乱が巻き起こる予感。
あ、ロスからの男子は、顔が見える前にバタン(次回に続く)でした。(米光一成