その行動、実年齢より老けて見えるかも!? 男性が思うオバサンっぽい仕草5選

写真拡大

“立ち上がるときに「ヨッコイショ」”、“気が付くとため息が出ている”等……自分の仕草に思い当たる節はありませんか?
そんな仕草を繰り返していると、周りの男性から「オバサンっぽい」と思われる原因になりますよ!

そこで今回は、「この子、オバサンっぽいな」と男性から思われてしまいそうな仕草をご紹介します。
自分に当てはまる仕草が無いか、チェックしてみてくださいね。

●(1)ため息が多い

『ため息って生活感が増すと思う』(26歳/営業)

 『気を遣うし老けて見える。いつでも笑顔の人のほうが若々しい』(29歳/広告代理店)

ため息ばかりついていると、どうしても「疲れている」感じが出てしまいます。
生活に疲れているイメージは若さからかけ離れているので、“オバサン”っぽいですよね。

また、ため息ばかりついていると、周囲に過度に気を遣わせることにもなってしまいます。
周りに人がいるときは、なるべくため息をつかないように気を配りましょう。

●(2)周りを気にせず大声で話す

『声が大きくなるとオバサンっぽい。大声で話したり大声で笑ったり……。自分の母親がそんなかんじです(笑)』(20歳/フリーター)

若いときと比べ、年を取ると周囲の目をあまり気にしなくなってきます。
周りを気にせずやたらと大声で話してしまうのも、オバサンっぽく見えてしまう行動の一つです。

年齢を重ねるとだんだん羞恥心が少なくなり、大声を出しても恥ずかしいと思わなくなります。
大声で話しても恥ずかしいと思わなくなってきたら、オバサン化してきた証拠かもしれませんよ!

●(3)やたらボディタッチをしてくる

『「ちょっとちょっと」って強引にやたらと触ってくる。がめつい感じがオバサンっぽいのかな〜と思います』(28歳/サービス業)

サラリとした自然なボディタッチは、若い女性のモテテクの一つ。
しかし、男性が引くほどの強めのボディタッチは、オバサン認定されてしまう要因に。

軽めに触れるボディタッチだからこそ、男性もドキドキするのです。
グイグイ触って男性が嫌がるような表情を見せていたら、もう「オバサンっぽい」と思われているかもしれません。

●(4)立つときに「ヨッコイショ」と言う

『何をするにも掛け声をかけていると、老けてみます。「よっこいしょ」とか。もっとキビキビ動けばいいのに……』(30歳/事務)

何かするときに「ヨイショ」とか「ヨッコイショ」と言ってしまうのは、オバサンっぽい仕草の代表例ではないでしょうか。
「ヨイショ」が口癖になっている人は、周りからオバサンだと思われている危険性があります。

いつも言っていると癖になるので、なるべく言わないように普段から気を付けて!

●(5)姿勢が悪い

『猫背で背中が丸まってると、おばさんくさくなるかも。逆に姿勢がキレイだと若く見えますね』(24歳/飲食)

姿勢の悪さは、実際の年齢よりも年を取って見える原因になります。
常に自分の姿勢が悪いという自覚がある人は要注意です。

猫背だとスタイルも悪く見えますし、バストも実際より小さく見えます。
姿勢を正すストレッチなどを行って、猫背でオバサンっぽく見えないように気を付けましょう。

----------

年齢を重ねるのは自然で仕方ないことですが、「オバサンっぽい」と思われるかどうかは仕草一つで大分変ってきます。
実年齢よりも老けて見られないように、普段の仕草に気を付けてくださいね!

●ライター/