防弾少年団 V「アイドル陸上大会」収録の感想を明かす…“大丈夫、練習の時より上手くできた”

写真拡大

防弾少年団のVがMBC旧正月特集「2017 アイドルスター陸上・リズム体操・フットサル・アーチェリー選手権大会」(以下「アイドル陸上大会」) の試合後記を公開した。

防弾少年団は16日、京畿道(キョンギド) 高陽(コヤン) 市で開かれたMBC「アイドル陸上大会」の収録に参加した。彼らはこれまでの「アイドル陸上大会」で“体育アイドル”としての面目を思う存分披露し、出演前から期待を集めていた。

Vはこの日、公式Twitterを通じて「大丈夫。練習の時より上手くできた。僕たちのA.R.M.Y(防弾少年団ファンクラブ) が頑張っている姿を見たのなら、僕は満足」と言いながら、泣いているように「うあ〜ん」と書き足し視線を引いた。

これと共に公開されたVのセルフショットは、失望に陥った彼の心情を反映しているかのようにぶれており、笑いを誘った。果たしてVは、何の試合に参加してこのような後記を残すことになったのか、関心が寄せられる。

防弾少年団の活躍が期待される「アイドル陸上大会」は、韓国で旧正月の連休中に放送される。