「きのこたけのこ戦争」超平和的に解決か?きのこの山VSたけのこの里立体型オセロ登場

写真拡大 (全4枚)

 明治のお菓子『きのこの山』『たけのこの里』といえば、どちらが素晴らしいかファンが言い争う「きのこたけのこ戦争」なるものネットで長年騒がれていますが、もしかしたらそれを超平和的に解決できるかもしれないアイテムが発売されます。

 発売されるのは両者をモチーフにした立体型オセロ『きのこの山VSたけのこの里 オセロ ゲーム3』。1月18日にバンダイの子会社であるメガハウスから登場します。

【関連:明治、1921年発売のロングセラー商品『カルミン』生産終了】

 本商品は、ほぼ原寸大のリアルな「きのこの山・コマ」と「たけのこの里・コマ」の裏面を連結させたものを「オセロ石」として、オセロを楽しめるボードゲーム。さらに「きのこの山・コマ」と「たけのこの里・コマ」をそれぞれ単体で使用することで、はさみ将棋と四目並べの全3種のゲームで遊ぶこともできます。

 なお、オセロ石の丸型以外の立体化はオセロシリーズ商品初となるそうです。価格は2138円税込で、全国の玩具取扱店にて発売されます。

(HideI)