tv_20170117120240.jpg

写真拡大

トランプ米大統領の就任式まであと3日(就任は2017年1月20日)だが、全米有権者を対象にした就任直前の世論調査で51%が「トランプ氏を支持しない」と答えたことがわかった。16年前のブッシュ氏は25%、8年前のオバマ氏は12%で、就任前に不支持が支持を上回ったのはトランプ氏が初めて。抗議デモも収まらず「どうなるんでしょうか、就任式は?」と司会の夏目三久が浮かない表情だ。

ワシントンの米連邦議会議事堂前では、体格のいい男性が赤いネクタイをしてトランプ氏の代役になりリハーサルが行われた。だが、ワシントンでも抗議デモは先週末も続き数千人が参加した。米ファッション誌のサイトに掲載された動画ではハリウッドスターのナタリー・ポートマンさんらが歌に託してトランプ氏への「抵抗メッセージ」を伝えた。

オバマ氏の半分の人出か

さらに1960年代にキング牧師らと公民権運動を主導した民主党のジョン・ルイス下院議員は「トランプ氏は正当な大統領ではない」として就任式への欠席を表明した。これに対しトランプ氏はツイッターですぐに「口先だけで行動せず、成果もない」などと反撃した。

8年前のオバマ大統領の就任式には史上最多の180万人が集まり会場は熱狂に包まれた。トランプ氏もワクワクしているのか、「就任式が楽しみだ。美しいイベントでもの凄い人出だろう」と言っているが、オバマ氏に比べ半分の70万から90万人ではないかと見込まれている。

「ハネムーン」のはずがメディアに「離婚届」

上智大学の前嶋和弘教授は「これだけ国民に歓迎されていないのは、前代未聞です。その後のデモも含めてどうなるのか、不安ですね」と語る。

司会の夏目「就任式直前ですが、激しい言動は以前と変わりませんね」

沢松奈生子(元プロテニスプレーヤー)「品がない、の一言ですね。世界の超大国のリーダーとして、もっと重たく受け止めてほしいですね」

牧嶋博子(TBS解説室長)「新政権発足後の100日間はハネムーン期間として、メディアは批判を控えるのですが、もう既にメディアに暴言を吐きまくっていますので、就任前にハネムーンどころか、離婚届を突きつけた同然です。どうなるか、注目したいですね」

会場周辺には厳重に警備される。