17年大河で注目の井伊直政も…「戦国甲冑大全 弐」

写真拡大

バンダイは、戦国武将がテーマの彩色済みフィギュアをそろえたガシャポン(カプセル自販機専用商品)の「武将コレクション」シリーズに2017年1月21日、甲冑フィギュア「戦国甲冑大全 弐」を新たに登場させる。また、3月下旬には「天下統一 赤備篇(あかぞなえへん)を加える予定。

信玄、秀吉、信長そろえた「天下統一 赤備篇」も

「戦国甲冑大全 弐」は戦国武将の甲冑を、全高約6〜9センチのカプセルサイズながら全体のフォルムや造型を極限まで追求。

ラインアップは、「井伊直政」「井伊直政(黄金版)」、「豊臣秀吉」「豊臣秀吉(黄金版)」、「前田利家」「前田利家(雅版)」、「黒田長政」「黒田長政(黄金版)」全8種。

1回400円。

「天下統一 赤備篇」は、戦国武将を35分の1サイズの全高約5〜6.5センチで再現。立体物に多彩な色を印刷できるデジタル彩色技術を採用し、表情に加え甲冑や陣羽織の繊細な柄や装飾など、細部まで精密に再現したという。

ラインアップは、「井伊直政」「武田信玄」「豊臣秀吉」「織田信長」で、それぞれ通常彩色版と銅像版の全8種。

1回300円。

主なカプセル自販機設置場所は、大阪城(大阪市)、姫路城(兵庫県姫路市)、彦根城(滋賀県彦根市)、二条城(京都市)、岐阜城(岐阜市)、小田原城(神奈川県小田原市)や、各城近郊の土産売り場など。