Facebook、オーディエンスネットワークの月間リーチ人数が10億を突破

写真拡大 (全2枚)

 Facebook広告を外部アプリやサイトに掲載できるオーディエンスネットワークを通じて広告を閲覧している人数が、月間10億人を突破した。

 Facebookは1月12日(米国時間)、同社のオーディエンスネットワークを通じて広告を閲覧している人が月間で10億人を超えたことを発表した。

 オーディエンスネットワークとは、Facebook広告をネットワークに参加している外部のモバイルアプリ、モバイルWebサイト、動画メディアなどにリーチできる広告配信システム。

 同社が今回の発表に至った背景には、オーディエンスネットワークへの参加パブリッシャー数の増加とパブリッシャーのジャンルの多様化がある。これにより、FacebookとInstagramに広告を出稿している広告主は、オーディエンスネットワークにも広告を出稿することにより、平均で16%多くのユーザーに広告をリーチすることができている。

 現在オーディエンスネットワークには、米ワシントンポストや英デイリーミラーなどをはじめとした様々なパブリッシャーが加わっている。

 日本においても、2016年12月より女性のためのファッション動画マガジン「C CHANNEL」が新たにパブリッシャーとしてオーディエンスネットワークに参加。これにより、C CHANNELの利用者に対してネイティブ動画広告の配信が可能になった。

MarkeZine編集部[著]