北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、スッポン料理が健康によいと紹介する記事を配信した。

同通信によると、北朝鮮でスッポン料理は「強精剤料理」となっており、国家無形文化遺産に登録されたという。

また、「糖尿病治療に特効があるが、スッポンの血を飲みはじめて2日後からは治療効果がはっきり表れ、3カ月が過ぎると血糖値が正常数値に至ると言う」と紹介した。

そのうえで、「今、玉流館料理専門食堂ではスッポンでいろいろな料理を作ってサービスしている」と強調した。

スッポンをめぐっては、一昨年の5月に金正恩党委員長が「大同江スッポン養殖工場」を訪れた際、管理不行き届きで激怒し、工場支配人が処刑されている。