写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクと岡山県新見市は1月17日、ICTの利活用をベースとして、新見市の持続的な発展および市民サービスの向上のための包括協定を締結したと発表した。

これまで両者は、光ファイバー網を活用したインターネット接続サービスおよびIP電話サービスの提供や、中山間地域における携帯電話サービスの電波改善、iPadを活用した教育の情報化支援などの取り組みを通じて、協働を推進してきた。今回の協定締結により、より幅広い分野で相互連携を行い、地域のさらなる活性化を図る考えだ。

両者が連携し、ICT利活用をベースに相互の知的、人的、物的資源の活用を図り、新見市の持続的な発展および市民サービスの向上に資することを目的とし、公益活動の促進やそのほか必要と認める事項となる。

(岩井 健太)