<プリンスの熱烈なファンなら絶対に行きたいミネソタ州の「ペイズリーパーク」。生前のプライベートライフを垣間見ることができるほか、衣装や楽器、そして骨壷まで展示されている>(写真:昨年11月のアメリカン・ミュージック・アワードではプリンスの『パープル・レイン』が最優秀サウンドトラックを受賞した)

 昨年4月に急死したプリンスは、多くの不可解な行動で知られた。世界的な成功を収めたミュージシャンでありながら、生涯ミネソタ州に住み続けたことも、その1つだろう。

 プリンスは州都ミネアポリスに生まれ、そこから車で30分ほどの小さな町チャンハッセンにある自宅兼スタジオ「ペイズリーパーク」で死んだ。

 以来、ファンの間では、ペイズリーパークが記念館として一般公開されるのではないかという噂が絶えなかった。その噂が、ついに現実になった。

 ここまでの道のりは決して平坦ではなかった。小さな町にファンが殺到することや、交通渋滞を懸念したチャンハッセン市議会が、開館を許可することに消極的だったのだ。このため当初は、昨年10月に数日だけの限定で公開された。

【参考記事】プリンスが残したデジタル実験の軌跡

 だが結局は、市議会も地元への経済効果に気付いたようだ。ペイズリーパークは12月から、正式に一般公開が始まった。

「プリンスはずっとペイズリーパークを一般に公開したいと考えていて、積極的に準備をしていた」と、プリンスの実妹タイカ・ネルソンは語っている。「兄の生前、ここを訪れる機会に恵まれた人は数百人しかいなかった。その門戸を開くことで、世界中のファンがプリンスの世界を体験できるようになる」

 ペイズリーパークを訪れたファンは、生前のプリンスのプライベートライフの一部を垣間見ることができる。吹き抜けの大広間からレコーディングスタジオ、リハーサルルーム、映像の編集室、ライブスペースまで見どころは数多い。

 さらに「数千点」に及ぶとされる展示品には、きらびやかな衣装と数多くのトロフィー、楽器、バイク、映画のセットが含まれる。一番の驚きは、大広間のアトリウムに飾られている、プリンスの遺灰を入れた骨壷かもしれない。骨壷といっても、ペイズリーパークの形を模したかなり大きな入れ物だ。

 ペイズリーパークのチケットは3種類。一般チケット(38.50ドル)では、館内のほとんどの展示を見られる。平均的な所要時間は1時間10分。金曜日と土曜日はアフターダークチケット(60ドル)で午後6〜11時に館内を回れるほか、DJ付きのパーティーに参加したり、プリンスのお宝映像を見たりできる。

[2017.1.17号掲載]

ライアン・ボート