エド・シーラン

写真拡大

第58回グラミー賞で、最優秀楽曲賞&最優秀ポップ・パフォーマンス賞に輝いた人気歌手エド・シーランが、ある物の摂取をやめて約22キロものダイエットに成功したことを明かした。米E!Onlineなどが報じている。

昨年は1年にわたる休暇を取っていたエドが、iHeartRadioのポッドキャスト「The Breakfast Club」に出演してインタビューに応えた。「(休暇中に)サイズが倍になっちゃったんだ。唯一入るのはジャージのパンツだけで、衣類の全てが洗濯で縮んじゃったみたいだった。そうではなかったんだけどね」と、かなり体重が増えてしまったことを告白。

そこで、ダイエットを決意したエドはビールを飲むのをやめて、約22キロもの減量に成功したというのだ。「もう大丈夫だから、またビールを飲み始めたよ。でも、飲酒量を減らしてエクササイズを始めたんだけど、妙な感じだよ。どれだけステージでカロリーを消費しているのか気づかなかった。ツアーが終わった途端に、風船みたいに膨れ上がっちゃったんだから」とコメントしている。

2016年は、世界中を旅行して周ったというエド。バケーションから戻った彼は、3月3日(金)に3枚目のフルアルバム「÷(Divide)」をリリースする予定で、アルバムは、エドが旅行中に体験した様々な経験が一杯詰まった、スクラップブックのような作品になるようだ。(海外ドラマNAVI)