バレンタインシーズンの定番になってしまうのか?

写真拡大

明星食品は2017年1月9日、「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」を発売した。

前年1月に発売し物議を醸した同名商品が、グレードアップして帰ってきてしまった。「こりずに再び!」「国内外の有名チョコメーカー数社に監修を依頼するも、実現には至りませんでした」と、明星食品も自虐的に語る「キワモノ」だ。

「パンチが弱い!!」

ココアパウダーを練り込んだ甘く香ばしい風味のめんと、ココアパウダーとシナモンを加えた塩味ベースのたれに、カカオバターとバニラの風味を加えたオイルを合わせたソースをからめていただく。仕上げに少しビターな特製チョコソースと、生チョコのような見た目でサクサク食感のかやく「謎チョコキューブ」をかければ完成だ。

前年発売時もキワモノとして話題になっていたが、実は食べてみた人からは「普通に食べられた」「割と美味しかった」など、「意外と食える」の声も上がっていた。期待値が低すぎたからこその評価かもしれないが...。

グレードアップしたという今作はどう楽しまれているのか?ツイッターを見てみると、

「なんだろなー、パンチが弱い・・!!甘くするならもっとガツンと甘くした方がいい気が・・」
「ごく普通、もう少しチョコを前面に出してスイーツ的にしても良いのではなかろうか」
「もっと内角高めを攻めてきてるかと思いきや、全然。シナモンの香りが強かったけれど、これは普通に食べられる」

など、やはり今年も「完食できた」との声が散見される。「もっとキワモノにしてくれてよかったのに」という気持ちがにじみ出ているようにも感じられる。

「チョコの風味がするだけで全然いけるwwww逆に美味しいと感じてしまったw私の舌がおかしいのか?」
「めっちゃうまかった イメージは麺状にしたチュロスを揚げずに茹でてチョコと絡めた感じですかね(笑)」

と、少数派ながら「普通に美味しい」という人も現れている。

もちろん「クソマズ」「無理」といった声も多く上がっているが、

「できたてのは食べれたもんじゃない 冷めてからなら普通に食べれたwww」
「謎キューブがしっとりしてからの方が美味しいから作ってしばらく置いた方がいいかも」

と、時間を置くとマシになるとの報告がいくつかみられた。好奇心で買ったはいいが自分の口には合わなかった、けど捨てるのはもったいない...という人がいたら試してみるといいかも。

希望小売価格は180円(税別)。