写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●次世代iPhoneに搭載されるかもしれない有機ELディスプレイとは?
市場調査企業であるIHS Markit Technologyの日本法人であるIHSグローバルが2017年1月25日-26日の2日間、東京都内で「ディスプレイ産業フォーラム2017」を開催する予定だが、今回、それに先立って、同社中小型フラットパネルディスプレイ&アプリケーション市場担当シニアディレクターである早瀬宏氏(写真)に、現在のディスプレイ業界の最大の関心ごととなっている有機ELパネルについて、独占的な地位にあるSamsung Displayやそれに挑戦する日系メーカーの状況、今後の新たなアプリケーションなどの話を聞く機会を得たので、その模様をお届けしたい。

--中小パネル業界の2017年最大の話題はやはり有機ELになりますか?

早瀬氏:Samsung Displayがやっている中小型有機ELパネルの市場けん引力が強く、さらには、今秋、AppleのiPhoneがディスプレイを従来の液晶から(Samsung Display製の)有機ELに切り替えるとの期待感から、有機ELが最大の話題と言えるだろう。

ただ、Appleから有機EL搭載スマートフォン(スマホ)が発表されるまでは、業界全体としては様子見と言うところだろう。その後に、日本勢のジャパンディスプレイ(JDI)やシャープが有機ELに注力するだろう。有機ELへの世代交代が進む中で、中国中心に莫大な設備投資が行われており、いずれ供給過剰になるのではないかと心配になるほどだ。装置材料メーカーも有機ELへのテコ入れをしてきており、興味深い世代交代のタイミングに差し掛かってきている。

中小型ディスプレイの場合は、大型テレビ用ディスプレイとは異なり、モノクロからからカラーSTL、TFT、スマホ、その大画面化、そしてタッチパネルがついて、次は有機ELに替わるというように次々と世代が移ってきており、そのたびにディスプレイの価値が向上し、その価格が上がって市場も活性化してきている。このような世代交代で、今度は有機ELになるということで皆の関心が個々に集中している。

--有機ELの最大な特徴は?

早瀬氏:バックライトが必要な液晶と違って自発光ということだ。この点で、私自身は個人的には、スマホよりはテレビで特徴が発揮できる技術と見ている。スマホ用の小さいサイズから始めて大型テレビへ徐々に持っていこうとする流れの中で、まずはスマホから始まったと解釈している。しかし、大きくするよりも小さいほうが儲かるということで、スマホに収斂していってしまっているのが現状である。

画面が曲がることで多少の価値が付くかもしれないが、液晶を使っていて、画面が曲がらないことに何か不満ありますか、と言うことになると今のままで不満はない、となってしまうわけで、折り曲げ可能にどれだけのバリューをユーザーが見出してくれるか不透明な面がある。もちろん形状を変えられることによってデザインの自由度が増してスマホに何か次の革新的な可能性が出てくる期待感はあるが、あくまで可能性に過ぎない。

一方、液晶を大型化してテレビ用にするとレスポンス速度やコントラストや視野角の問題があり、完璧な画像にはなりえない。将来テレビは有機ELを採用すべきだと、個人的には思っており、現在はそこへのステップの途上にあると理解している。

筆者注:ここで同氏が語っている有機ELとは、すでに韓国LGエレクトロニクスが大型カラーテレビで採用している「白色有機EL上にRGBカラーフィルタを張り付けるタイプ」ではなく、正統派の「カラーフィルターは用いずに、有機ELをRGB3色に塗り分けるタイプ」を意味している

--今までの話を整理すると、やはり有機ELに期待ということですか?

早瀬氏:有機ELに対する期待には、2面性があるということだ。1つは、フレキシビリティによるモバイルデバイスのデザイン改革への期待。iPhoneの次世代機が注目されるのはこのためである。もう1つは、将来的には、自発光を生かした大画面・高画質のディスプレイへの期待。この両方で有機ELの可能性への期待感があるととらえている。

--iPhoneに有機ELはどのような形で搭載されることが考えられるのでしょうか?

早瀬氏:これはAppleの極秘事項なので、部外者には発表までわからない。高い期待がある半面、ふたを開けてみたら、何だこんな程度か、何のために有機ELにしたのかと思われるようであれば失望感もでてくる可能性すらある。ユーザーにどれだけアピールできるのかはいまのところ不透明だ。

Appleの研究所の中ではこうしよう、ああしようとさまざまな模索がされてきて、そろそろ最終的に絞られる段階だと思うが、何が出てくるかは正直分からない。さすがはAppleと言われるようなものが出てきてほしいと思っている。

--iPhoneの次世代品に限らず、スマホを有機ELによってさらに高精細度化させることに意味があるのでしょうか?

早瀬氏:それはない。すでに精細度を高くしても意味がない段階に来ている。2015年に、ソニーが4K解像度のスマホを出したが、消費電力が高くなるばかりでユーザーが価値を見出せず、後が続かなかった。ディスプレイはすでに十分高精細度化しており、もはや肉眼で区別のつかない高精細度化では価値を付加できず、差別化をはかれないということだ。

一方、折ったり曲げたりすることがどの段階で実用化するかはわからないが、そう簡単には実現できないだろう。ただし、フレキシブル化することによりデザインの自由度は増すようになる。今のところ確実性が高いのは、スマホ表面の上下左右にある枠をやめて表面全体をディスプレイにすることだろう。そうすることで見た目のインパクトは出せる。ディスプレイをエッジ部分まで延長するのではないかともいわれているが。どれも部外者の希望的観測にすぎない。

今秋有機EL搭載の次世代iPHoneが登場する前にSamsungがGalaxy S8で有機ELディスプレイの先鞭をつけるだろう。しかし、Appleは決してそれを真似することなく、独自のデザインで、これぞ有機ELという自信作を出してくることが予想される。

--液晶による全面ディスプレイ化は不可能なのでしょうか?

早瀬氏:やってやれないことはないので、一部メーカーではチェレンジしているところもある。ただし、液晶に必須のバックライトをどのように抱かせるか、その場所を確保するのが難しい。JDIは、Samsungの有機ELをまともに後追いしても勝ち目がないので、液晶で独自の道を開拓しようとしている。

●韓国・中国・日本メーカーの有機ELの取り組み状況は?
--かつて複数の日本メーカーが中小型有機ELを研究開発していたのに、現在はSamsungが(金額ベースでは)ほぼ独占状態にあります

早瀬氏:一言で言ってしまえばSamsungが気合を入れて事業化したからに尽きる。Samsung本体はもともと液晶パネルを事業としていて、大型プラズマディスプレイをやっていた子会社のSamsung SDIは、スマートフォン用の液晶をやりたかったが、グループ内での競合をさけるため、液晶を開発することが許されなかった。一方で、競合しない有機ELについてはグループトップから開発許可がおりたので、これしか選択肢がなかった。そこから事業化をやりぬいて、ここに至り、よくあれだけのプロセスを開発したものだと感心するほどの実用化を成し遂げた。他社は、液晶もやっていたので逃げ道があったし、有機ELに気合が続かず途中であきらめてしまった。

筆者注:現在、有機ELパネルを量産しているのはSamsung Dispalyだが、同社はSamsung ElectronicsとSamsung SDIの合弁企業として2009年に設立され、有機EL製造は同社に移管されている

--SamsungのライバルであるLGや日本勢が有機ELに本格参入してくる可能性は?

早瀬氏:Samsungは10年以上先行しており、他社とは技術的格差も大きい。しかも年間数億枚も製造しているのでコスト競争力もある。他社が参入しようとすると特許の問題もあり、他社がそう簡単にキャッチアップするのは難しい。生産能力が小さければコストで勝ち目がない状況だ。

ただし、他社にも救いはある。それは、Appleが今後もSamsungの有機ELを買い続ける可能性は極めて低いだろうと言うことだ。今のままだと、Appleが密かにやろうとしていることがSamsung Displayを通してSamsung Electronicsのスマホ開発部隊に筒抜けになってしまい、Galaxyに先を越されかねない状況にある。当然、Appleは、すでに他社に有機ELの開発要請をしているだろう。

--中国でも有機ELに乗り出す動きがありますが、可能なのでしょうか。

早瀬氏:技術的にはハードルが高い。しかし、中国勢は、政府の支援もあり資金が豊富なので、金の力でごり押しするだろう。幸い、中国内に数億台規模のスマホ市場が存在するので中国内の有機ELメーカーとスマホメーカーが協力し合って、Samsungが入り込めない閉じた世界を形成することは可能だろう。

--その場合、技術はどうするのですか?

早瀬氏:ディスプレイは、回路設計やプロセスが多岐にわたる半導体ロジックとは違うが、半導体メモリとは似ているところがあって、大雑把だがXYマトリクスさえ組めれば後は何とかなる。大型テレビ用液晶などでは、仕様が決まっているので、資金力で製造装置と材料さえ入手できれば、経験のない中国勢でも作れてしまった。有機ELがそれとちがうのは、製造装置を買ってもついてこないプロセス開発がまだまだ必要なことや有機材料の取り扱いのノウハウなど、装置と材料を入手しただけでは解決できない課題を抱えている点だ。この辺は、経験者を採用して解決することになるだろう。

著者注:中国勢は現在、韓国企業からの退職者やディスプレイビジネスから撤退した日本企業からリストラされたエンジニアを採用したり、技術供与を受ける形で地力を蓄える動きを見せている

--日本勢の有機ELの今後の見通しは?

早瀬氏:日本勢もいまや経営不振で産業革新機構からの援助なければ立ち行かないJDIと台湾勢に買収されてしまったシャープしか残っていないが、各社様子見の段階だ。JDIは有機ELに的を絞るのではなくて、フレキシブルな液晶で対抗していこうという方針のようだ。10年先行し年間5億台も量産しているSamsung Displayに竹やり戦法では勝ち目がないことは皆分かっている。現在iPhone用に液晶を供給してるJDIに対してAppleから有機EL開発要請が来ているだろうし、JDIで有機ELができるようになったらAppleが買うという約束もとりつけているだろう。

2017年のモデルには間に合わないが、有機ELを開発できさえすれば、2018年以降ならAppleへの納入は可能だろう。コストでSamsungに勝つことは不可能だが、Appleが、Samsungに内緒にするため、特別の仕様でJDIに注文を出せば、チャンスは巡ってくる可能性はある。

しかし、JDIはApple以外の顧客に対しては、有機ELの出荷に関して後ろ向きである。スケールメリットを享受するSamsungやこれから出てくる中国系ブランドに対して価格競争力がないので、液晶に留まり、新たな付加価値が出るスペック面で差別化を図ろうとしている。

―JDIに吸収されることになったJOLEDの実力は?

早瀬氏:JOLEDは商売にできるようなパネルを作っていない。成果も公表しておらず、私自身も見せてもらえていないため、実力のほどは不明である。人に見せられないようなもの作っていてどうするのかといった感じだ。

--シャープの戦略は?

早瀬氏:JDIと同様で、シャープもAppleに液晶ディスプレイを供給している。シャープの親会社の鴻海精密工業は、iPhone本体の製造を受託している。だから両社がディスプレイとiPhone本体の製造をセットでAppleに売り込めれば価値が出てくるだろう。そのため当然Apple向けには有機ELをやろうとしている。問題は、どこから資金が出て、どこで造るかだが今はその辺を検討しているところだろう。

シャープは全体的には、JDI同様に有機ELに全精力を傾け注力しようとしているわけではない、むしろ鴻海との垂直統合により、今ある液晶の膨大な設備をどうやって 有効活用するかを検討している。

--シャープで差別化の切り札としていたIGZOはどうなったのでしょうか?

早瀬氏:研究は続けているようようだが、外販で差別化がはかれていない。

--日本のディスプレイ用製造装置材料メーカーは、他国のライバルよりも競争力があるようですが、その秘訣はなんですか?

早瀬氏:日本の装置材料メーカーは、セイコーエプソンが腕時計用、シャープが電卓用の小型液晶を始めて以来、ゼロから出発して、徐々に大きなサイズに取り組み続けて時間をかけて技術に磨きをかけてきた。新規参入組がいきなり超大型パネルに取り組んでも難しいだろう。一方、韓国メ-カーは派閥支配で、ライバル派閥の装置や材料は使わないというような制約があり、すそ野が広がらずに縦に系列化してしまっている。日本勢にはそのようなことがなく、日本の装置材料メーカーには有利に働いていており、すそ野も広かったことが有利に働いたのだろう。

●中小型ディスプレイの新たなアプリケーションは?
--中小型パネルは、スマホ以外では、車載が有望のようですが、自動運転化でパネルの需要は増えるのでしょうか?

早瀬氏:自動運転を目指して自動ブレーキなどの電子制御が追加されるほどデイスプレイ搭載数は増える。例えば自動ブレーキがついている車には必ずディスプレイが必要で、状況把握や警告を発するのに使われる。電子ミラーの搭載も本格化するだろう。今はカーナビがなくても走行できるが、自動運転になったらカーナビは必須になるので、当然カーナビ用のディスプレイは必須となり、そこに行き先や経由地などの情報をインプットする必要がある。完全自動運転になれば、いままで運転席だった席でテレビを楽しむことなどが可能になるからそこにテレビ用のディスプレイが搭載されるといったことも考えられる。

--車載のディスプレイも有機EL化するのでしょうか?

早瀬氏:車載デイスプレイは、カーナビにしてもスピードメーターにしても同じ画面が長時間表示されることになるので、有機ELは焼きつきの問題が解決しない限り出番はないと思う。Samsungも車載への有機EL適用は諦めているようだ。

--ノ―トPC向けディスプレイに大きな変化はありますか?

早瀬氏:ノートPC向けはラジカルな変化は生じないだろう。焼きつきの心配があるので、車載同様に有機ELは向いていないから、引き続き液晶が使われるだろう。タブレット自体は伸びは期待できないが、ノートPCとしても使える2in1の方向でプラスαのバリューを増す方向だろう。

--車載に次ぐ将来の中小型ディスプレイのアプリケ―ションは?

早瀬氏:ウェアラブルやVRヘッドセットはじめ、いろいろ新製品がでてきているが、いずれも市場が小さすぎる。ただIoT分野では中小型パネルの大きな市場が形成される可能性がある。IoTとディスプレイの関係はまだはっきりと見えない部分があるが、それぞれの端末がネットと接続されるとディスプレイが必要になる可能性が出てくる。

例えば電子レンジがネットに接続するとメニューが表示されるようになる。冷蔵庫もエアコンも同様で、人が指示を出すために必要ないろいろな情報が表示されるようになる。今後大量に出回るスマートメーターにもディスプレイがつく。一方では、少量しか必要ないが手間をかけても作らねばならない多品種少量のディスプレイも必要になるだろう。IoT向けディスプレイ自体は決して高性能・高画質である必要はない。

IoT自体が手探りの状態だから、ディスプレイがどんな広がりを見せるのかまだ解が見いだせていない。はっきりするのは5〜10年後だろうが、量が出そうなので、IoT向けのディスプレイに対する期待感は大きい。IoT時代のディスプレイは、限られた企業が独占するのではなく、多くの企業にチャンスが巡ってきて、すそ野が広がった方が、日本の電機産業の発展にとっては好ましいだろう。

(服部毅)