写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Microsoftは1月12日(米国時間)、最新のWindows 10 Insider Build 15007の公開をアナウンスした。タブ共有機能、より簡単なデータインポート機能、Webノート機能など、Windows Edgeにおいてさまざまな改善が行われている。そのほかの最新版における主な改善、新機能は以下のとおり。

・設定アプリケーションに新しくテーマを設定するページを追加。テーマはWindows Store経由でダウンロード可能になる見とおし
・Windows Helloにおける顔認識機能の向上
・UWPにおけるスクロールバーの改善(必要になったタイミングで表示されるようになる)
・通知機能におけるプログレスバー表示機能の追加
・GATTサーバを有効にする新しいAPIの導入
・Cortanaの改善

Windows 10 Insider Buildに導入された機能の多くは次のWindows 10 Updateで導入される可能性が高い。最近のWindows 10 Insider Buildではバグ修正や性能の向上のみならず、相次いで新機能の追加が実施されている。MicrosoftはWindows 10をアップデートし続けるプラットフォームと位置づけており、随時改善と機能の追加を実施している。次のアップデートで多くの新機能が導入されることになるものと見られる。

(後藤大地)